工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

石見銀山小春日和 

2017/03/22
Wed. 19:33

昨日は冬が戻ってきたような寒い1日で、晩酌も日本酒の熱燗にしたくらいだ。
冷え込んで寒いからシッカリとシュラフにくるまって寝ていたらどうも寝苦しくて目が覚めると、石見銀山の町並みはすでにほんのり明るくなり始めていた。
気がつくと、クロが私の足元で丸くなって寝ている。寝苦しさの原因がわかった。

銀山街道はいつも以上に朝もやが濃い。
多分、この様子だと今日は暖かく春らしい1日になるだろうと予測しながら結界君を走らせた。
2月のはじめから続いていた七日務めがやっと大練忌(49日)を向かえる。
すでに法事の方は少し前の親族が集まりやすい頃合いを日程に組んで終了している。それでも、正規な満中陰は、それはそれで大事な意味もあるし、施主さんの都合に不具合がなければ菩提寺として区切りのお経をあげさせてもらうことにしている。
お経が終わってから、お仏壇の荘厳を整えて、香華灯明などの配置や湯茶仏飯などのお供えのことなど、ひと通りお話をさせてもらった。

「お昼は何時くらいになるの?」
珍しく自宅を出る時ワイフが聞いてきたから何事かと思っていたら、夕方出発の高速バスでキーポンが上京するのだという。アパートも決まって、これから引っ越しや職場の社員研修の日程のこともあって、本格的にキーポンの一人暮らしがスタートする。
これで吉田家の子供たちが全て社会人になった。
出発前のお昼ごはんは何が食べたいかと聞いたら、「お母さんのつくったハンバーグ!」ということになって、家族水入らずの昼食にするために私の帰宅時間が気になったようだ。
あいかわらず、ワイフのハンバーグは絶品だった。何処かのファミリーレストランよりズッと美味しい。調子に乗って2個も食べてしまった。

駐車場でレシート太りした財布からお札を2枚引き出して手渡した。
多分、上の子供たちにはそんなこともしなかったはずだ。やはり、なんだかんだ云っても末娘は可愛いものだ。もちろん、他の子供たちもそれぞれ可愛いのだが、オヤジもそれなりに歳をとってジジイになったということなのかもしれない。

母娘を見送ってから、クロと一緒にしばらくストーブに暖まってボォ〜っと過ごした。それから、気持ちを切り替えてコタツ兼用のデスクとその周辺(つまりコタツの周囲)へ書類を広げた。それからキース・ジャレットのマイ・アルバムをシャッフル再生した。そのリストにはワイフの彫刻タイトルになっている「Birth」も入れている。
ゆったりしたバラードが心地よい。
ワイフは日常であまり音楽を聴かない。テレビが大好きで目覚めると直ぐにテレビのスイッチを入れる。彫刻の制作中もテレビがつきっぱなしだったりしている。結局耳にも目にも入っていないのだろうから、どうせだったらイメージの膨らむ音楽でも流しながら制作したほうが彫刻のレベルアップになる気がするんだけどなぁ・・

IMG_1595.jpg
IMG_1594_20170322192854086.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/2600-b6c88fb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-07