工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

キーポン一人暮らしスタート 

2017/03/24
Fri. 22:29

ワイフの新しい赤い中古車(名前は知らない)は、なかなかスグレモノだった。
キーポンの引越荷物を一回で全て積み込むことが出来た。
お母さんの収納タップリ新しい赤い中古車。
お父さんの念入りな引越荷物の梱包。
それに、キーポンのプロ並みの確かな積み込み技術。
吉田家3人の華麗なる連携プレーが実に見事だった。

島根の何時も彫刻運搬でお世話になっている運送屋さんへ持ち込みして、キーポンが別便で移動して現場待機。予定の時間ピッタリに引越荷物が到着して、アッという間に荷降ろし完了。
厳重にラップでぐるぐる巻きにした布団などの梱包を解いたりさり気なく整頓したりして、残るはオヤジ手造りのコタツを組み立てるくらい。

お父さんもお母さんも島根での用事があってキーポンの引っ越しに付き合えなかった。
中学校から高校を卒業するまでの6年間を吹奏楽で過ごしたから、年に何度となく楽器の積み込みで引っ越しのような重労働を経験していたことがこういう時に役立ったようだ。
部屋にはエアコンもあるが、ホームセンターの格安電熱器を取り付けたオヤジ制作のコタツの方が若干電気代も安いだろうから、まずは木ねじでコタツを組み立てるところから彼女の一人暮らしがスタートした。
プラスのドライバーが必要で、アチコチ探した挙句、ヨドバシカメラでグッドデザインのドライバーセットを買ったようだ。こういう工具が一組あるだけでも日常の暮らしが随分楽になる。なかなか良い買い物をしたと感心した。
久しぶりにワイフと二人水入らずで夕食をとっていたら、キーポンから絶え間なくLINEの着信があった。その中に、部屋の様子や組立ったコタツの写真が送られてきた。
フローリングを傷つけないように応急処置で鉄製の足に梱包で使ったラップが巻きつけてある。なかなか良い思いつきだ。
吉田家の自宅では、一日中ゴロゴロして何もしなかったナマケモノが、こうして一人になると結構こまめに立ち働いて色々とやりくりしているようだ。

急な仏事が次々と入って、予定の仕事が後回しになって苦労している。それでも、やっと少しばかり先が見えるようになって、来週早々には関係各所へ提出できそうなところまでになった。
今週末には、保賀地区自治会の年度末常会もある。
4月に入ったら、倉敷児島のイベントへ設置してある彫刻を搬出することになる。それが終わったら、万善寺法類の遷化された東堂さんの本葬があって、それから1ヶ月後には、新命住職の晋山式がある。近所の寺では弘法大師の縁日法要で塔婆回向をすることになるし、憲正さんの3回忌もある。アッという間に春が過ぎて梅雨になりそうな勢いだ。
梅雨が終わる頃に長女のなっちゃんの結婚式がある。そろそろ衣装合わせなどしているようだが、和服にドレスに和洋折衷神仏混合なんとも現代日本らしい披露宴になりそうだ。

その頃にはキーポンの一人暮らしも慣れて落ち着いていることだろう。

IMG_0730_20170324222731138.jpg
IMG_0737_20170324222735559.jpg
IMG_0735_20170324222732182.jpg
IMG_0736_20170324222734e51.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/2601-a25ee28b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-09