工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

雨男の運 

2017/03/29
Wed. 12:07

毎週火曜日になると冬に戻ったように寒くなる。
2月の頃からそういう周期が定着したように規則的に繰り返されて、すでに3月も終わろうとしている。

前夜から降り始めた雨は吉田家の薄いトタン屋根を嫌というほど激しく叩き続けていたが、それが早朝まで続いて、それで、またその火曜日がやたらと冷たい雨になった。
飯南高原では、その冷たい雨に氷の小粒まで混じっていた。

もう1ヶ月以上続いている七日務めがまた巡ってきて、1周間がアッという間に過ぎる。
先週末から、報告書の最後の追い込みに入って、雨音を聴きつつ一気にそれを仕上げた。
インターネットラジオからは、(たぶん??)カル・ジェイダーの軽めのラテン系ビブラフォンが流れているが、雨音がうるさくて聴き取りにくい。
ビブラフォンというと、ミルト・ジャクソンが好きでMJQをよく聞いていたから、その演奏は「彼でないことは確かだ!」と確信した。

1日のスケジュールに、報告書の提出も繰り入れて、午後から松江の県庁へ回ることにした。万善寺の近所を2軒ほど回って、それから松江へ向かおうと思っていたが、出かける前にそれでもと思って「今日のスケジュールは?」とワイフに聞くと、
「別に・・午前中の予定も無くなったし、何もないよ」
「たまには、松江に行かない?あのコロッケもしばらく食べていないし・・」
「わかった。じゃぁ、昼過ぎ出発ね♡!」
何時になくあっさり決まったものだから、飯南高原の万善寺業務を早めに切り上げて、石見銀山へ引き返した。
それから、仲良く二人で松江へ向かったのだが・・・その後、思わぬ展開が待っていた。
↓メールからの抜粋です
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
さて、報告書の件についてですが・・・
(中略)
諦めきれないで周囲まで捜索範囲を広げて見ました・・・といっても、田舎のことで何もないとことばかりですが・・
それでもと思って、側溝を覗いて移動していると、グリーチングの下で何やら四角い白いものを見つけました。
水量も多いし取り出すのも大変なのでそのまま諦めることにしました。
かなりショックでしたが、ひとまずは見つかったので悪用されなくて助かりました。
そんなわけで・・・またはじめからやり直すことになりました。
(後略)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
上記内容で、経緯をご想像ください・・・
年度末の〆が、次年度に繰り越してしまいそうな状況となった次第・・
最近の雨男は、あまりにも雨にフィットしすぎて「ウン」が流されてしまったようです。

IMG_1609.jpg
IMG_1613_20170329120631706.jpg
IMG_1618.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/2603-a491abb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10