工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

ブッチャケ話し 

2017/04/04
Tue. 23:40

キーポンの国民年金未払いで督促状が来たのは3月の頃だった。
気にはなっていたが、そのままにしておいた結果の督促だ。
この国民年金なるもののシステムが具体的にあまり良く頭に入ってこないから、数年前の自分の時もギリギリになって出雲の年金機構の窓口へ直接出向いて職員の説明を聴きながらイマイチ納得も理解も出来ないまま必要な書類を記入したりした記憶がある。

11月の誕生日でめでたく20歳になったキーポンは、その時から年金の支払い義務が生じて、必要な手続きもしないまま5ヶ月未納分が自動的に溜まって5〜6万円くらいになっているようだった。
そもそも、キーポン本人が年金をもらえる年齢になった時に、今の年金システムがそのまま彼女に適応されるかそれ自体が曖昧なものだと思うから、職員に私の気持ちをブッチャケダイレクトに伝えた。
「20歳になってから5ヶ月分が溜まっているようですが、未納のままにしておいても、結局はその未納分が差し引かれるだけのことでしょう?」
「それはそれは、ご成人おめでとうございます!」
「4月から就職も決まって、その後は厚生年金で処理されるはずですから、結局それも自分のことだし5ヶ月分くらいはそのままにしておいても問題ないでしょう。年金をもらえるようになって、国民年金だぁ厚生年金だぁ申請の書類が増えて面倒になるだけで、自分の時も結構それで大事な時間つぶしましたからね」
「それはそれは、ご就職おめでとうございます!」
・・・まったく、食えないオヤジだ・・・

そんなわけで、学歴証明書なるものを提出しておけば、それで未払いを書面上正当化して証拠資料の保存ということで黙認してあげよう・・という、都合のいいシステムが出来上がっているようだ。
内心、「やっぱりこういう手があったか・・」と納得しつつ、督促状の過激な脅し文句につられて慌てる20歳とその親が全国にどれだけいるのだろうと、ムカツキつつ、満面の笑顔をキッチリ造って「どうもありがとうございましたァ〜、やっぱり、こういうことは窓口で相談するのが一番ですねェ〜、とても助かりましたァ〜」と、丁寧な礼を言ったら、その窓口オヤジは気まずそうに苦笑いを返した。
貯蓄型の保険でもかけておいたほうが変な年金よりずっと安心できると思うんだけどね。

吉田家の夕食は、新鮮な野菜のアレコレとオカラと一人前の砂肝アヒージョ。それにボクの好きなアジのタタキ。
午前中はお経を読みっぱなしだったし、午後は年金オヤジと腹の探り合いだったし、万善寺のゴミ出しもして、吉田家のピアノ搬出もあって、気がつけば朝飯も昼飯も抜きでドタバタしていたから、いつも以上に美味しく感じた夕食だった。
麦とホップがどんどん空いた。昨年末に頂いた日本酒も少し飲んだ。
久しぶりのストーブで心底温まった。
明日は母親の2回目の七日が巡ってくる。さて、導師の方丈さん来てくれるかな??

IMG_1660_2017040505405096c.jpg
IMG_1663.jpg
IMG_1664_2017040505405386f.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/2608-168fcf07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08