工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

クロの仕業 

2017/04/30
Sun. 11:57

いやぁ〜〜〜、アッという間に4月がおわってしまったなぁ〜〜・・・

末寺山寺万善寺では、ナント、4月の1ヶ月で葬儀が3つ(そのうち1つはお手伝いだったけど)・・・
ハッキリ云って、ナンチャッテ坊主のボクが副住職の頃から今までにはじめてのことであります・・
下世話な話ですが、毎月こういう坊主の忙しさが続いていたら、もっと生活も楽になるだろう。
だけど、彫刻家のボクは何処かへ行ってしまって坊主家業まっしぐらの人生になるだろうな。

そんなわけで、毎日万善寺の通勤坊主が続いている・・・いやむしろ、毎晩万善寺から石見銀山の吉田家へ寝に帰っているという状態が続いている。
さすがに、寺家業が忙しいと云っても、万善寺の夜は酒飲んで飯食って寝るだけだから、2時間でも3時間でも吉田家で彫刻絡みのデスクワークをしていたほうが少しは気も紛れる。
それで、先日いつものように荷物を一抱えと、結界君のリヤデッキいっぱいの万善寺紙ゴミを積んで帰宅した。
いつものように現在仮の書斎になっているキーポンの部屋へ書類の籠を持って上がったら、階段を登りきったところでクロ君が「フニャァ〜〜」と甘え声で出迎えてくれた。
真っ暗な2階の部屋に入って蛍光灯をつけてiPadからコルトレーンを無線でスピーカーへ飛ばしてひと心地ついて、珍しくゴロゴロと喉を鳴らしながら擦り寄ってくるクロ君をイジっていたら、右目の端になにやら雪が積もったような白い物体の山がチラリと入り込んだ。
この2〜3日は、夜な夜なキーポンの一人暮らし用の視聴覚機器を吉田家中からかき集めていたから、その梱包材でも残っていたのだろうくらいに気にもしないままその時はやり過ごしてクロとしばし戯れた。
ワイフから夕食の呼び出しがかかって、アサリのアヒージョや旬の葉わさびや筍などを堪能しながら麦とホップをグビッと空けて、しばし1日の情報交換をして書斎に引返した。
何気なしにデスクの下を見ると、やはり雪が吹き込んだ感じで何やら白いものが積もっている。
蛍光灯をつけて、デスクスタンドもつけて明るくして覗いてみると、トイレットペーパーが粉砕されて散乱して山のように積もっている。
これは、クロの仕業に違いない。
先程は珍しく甘えて擦り寄っていたが、どうやら自分の仕出かしたことを誤魔化しにかかっていた風にも思えてきた。
それにしても、2階の書斎にトイレットペーパーがあるわけもなく、何処から持って上がったのだろう?ワイフに聞いても知らないという。
メタボクロの腹回り程もあるトイレットペーパーを咥えて10段の階段を持ち上がった執念はたいしたものだ。怒る気も萎えた。

IMG_1720_20170430115628a92.jpg
IMG_1723.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/2625-94bdb4c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10