工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

記念日 

2017/05/03
Wed. 23:09

超個人的なことだけど、3月30日がボクとワイフの結婚記念日なのだ。
気がつけばもう35年ほど一緒に暮らしていた。

最近、思わず一人笑いしてしまうほど直前の行動や考えていることをすぐに忘れてしまうようになった。
それで特に困るわけでもないほどのシンプルな暮らしぶりだから、まぁ、そのくらいのほうが気楽にいれて無駄に悩むこともなくて良いかなと思ったりもするが、一度に済ませることの出来る幾つかの用事を一つ一つの用事で行ったり来たりしなければいけない時間のムダがなんとも馬鹿らしく思えて一人笑いしてしまったりするのだ。
こういうことが頻繁に続くと、そのうち私的なことばかりでもない大事な用事で迷惑をかけたりすることも増えてくるだろうから、そういう自覚ができる頃が建前上の引退時期かなと思っている。
本音の世界では、これでやっと世間を気にしないで自由に思い通りに「やりたいようにやらせてもらいましょうね♡」的気持ちでいられるのだが、さて、そろそろそういう時期が遠からずやってきつつあるように思える今日此頃なのだ。

結婚記念日のことは、だいたい忘れないで覚えられているのだが、それにしても時期が悪い。
年度末の崖っぷちであったり、新年度前の慌ただしいときであったり、毎年のことなのに、決まったように毎年ドタバタと落ち着かないまま過ぎてしまう。
今年は例年にも増して特に慌ただしかった。
俊江さんの死亡と、通夜葬儀が結婚記念日にぶつかってしまった。
それこそ直前まで、「もう、30年以上も一緒に暮らしているのだから、そろそろ何かしらの記念らしきことでも考えないとな・・」と思いながら、お彼岸の準備をしたり自治会の会計を〆たりしていたのに、それへ俊江さんのことが上乗せされてしまって、もう、完全に結婚記念日が遥か彼方へ過ぎ去ってしまった。

普通だと、例の物忘れの延長で、いろいろなドタバタに乗じて結婚記念日のことなど忘れてしまって終わりになるのだが、このたびはそういうことにもならなくていい具合に定期的に思い出せる状態が続いて1ヶ月が過ぎた。
前々から色々考えていたことがあって、それを具体的な何かに置き換える良い時期だとも言えるし、記念日のことはさておいて、とにかくワイフの同意を得て後先考えないで実行に移した・・・といっても、私にできることなどソコソコ知れてるし、たいしたことでもないのだけど・・・

二人分のApple Watchが吉田家へ到着した日は、例のごとく万善寺の片付けの最中。
ワイフへ電話したら「届いたわよ!我慢できなくて開けちゃった。とっても素敵なパッケージで、さすがAppleよね♡!」だって・・・
4月27日はボクの誕生日でもあるし、記念日としては忘れようもないし・・・久しぶりにはしゃぐワイフを見た気がする。

IMG_1728_201705040709291cc.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/2628-8196049b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08