工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

俊江さん四十九日 

2017/05/07
Sun. 23:25

母親の俊江さんの四十九日法事を無事に済ますことが出来た。
一ヶ月後には憲正さんの3回忌法事があるから、納骨はその時に併せて行うことに決めた。
一ヶ月の間に2つの法事で親族のお参りも大変なことだから、3回忌の方を優先してご案内をさせていただいた。

吉田家は、父方も母方も親族が少ない。
もともとはそれぞれに兄弟姉妹もソコソコいたのだが、結局は吉田家老夫婦が長生きして生き残った結果だということだ。
それで、憲正さんの近い親族は彼の妹さんだけが元気で生き残っていて、俊江さんの兄弟姉妹はすでに他界している。
こういう状況だから、法事のご案内もどこまで広げるのか迷うところだが、私としてはそのあたりを割り切って、それぞれの生家当主の判断へ委ねることにしている。
そうしておけば、私とか吉田家へ気兼ねすることもなく自分の都合で法事参列の出欠を決めてもらえるからそのほうが気楽でいられるだろうと、身勝手に判断してのことだ。

俊江さんの法事は、終わってみると、とてもアットホームな感じの良いものになったと、自分ではそう思っている。
それぞれの生家代表と憲正さんの妹さんまで参列していただいた。
吉田家からは長男のじゅん君も駆けつけてくれた。あとは、私にワイフ。
隣町の方丈さんに法事のお手伝いもしていただいた。
斎膳は、生前俊江さんが珍しく自分から行きたがっていた薬膳料理レストランへ予約を入れて、法事の後そちらへ移動した。
お店のママさんで料理長の肝いりで、私でも食べきれないほどの豪華フルコースが次々に出てきて、食いしん坊のワイフまで終盤になってギブアップしたほどだ。

法事のすべてを終わって、ワイフと石見銀山の吉田家へ帰宅したらすでに辺りが暗くなり始めていた。
強い風が吹いて春霞の一日だったが、黄砂の影響だったようだ。
島根に暮らしていると、春のこの時期に強い西風が吹くとだいたいスッキリしない霞晴れの状態が続く。

遅めの夕食を終わって少し落ち着いて、写真データから俊江さんのアルバムを引き出してみた。
ちょうど1年前の今頃は、まだ畑仕事をする気でいた。もちろん、荒れ放題の畑で何も出来るわけでもないのだが、その場所までヨチヨチと歩いていくだけでも何やら仕事をした気になって落ち着いていたのだろう。私が草刈りをしていると、自分の仕事を横取りされたふうなことまで云っていた。
法事までに、せめて彼女の畑だけでも原型が見えるまでにしておこうと決めていた。
かろうじて、畑の全景が確認できるまでにはなっただろうと、自分では満足している。

IMG_0703_20170508072625d0b.jpg
IMG_1735.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/2632-73b053e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-07