工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

ボクの円グラフ 

2017/06/09
Fri. 23:22

万善寺の法事も近づいて、毎日がアッという間に過ぎる。
梅雨に入って何時雨が降り出すかわからないから、少しでも条件のいい時を有効に活用しないと、仕事の積み残しが出てしまう。
例年だと、4月に入ってから2回位は草刈りをしている富山の彫刻周辺を、今年は一回も草刈りできないでいる。
タイミングの問題もあるが、やはり憲正さん3回忌に向けての墓地整備とか、俊江さんの納骨のこととか、吉田家内の各種事情が重なって、どうしてもそちらを優先する毎日が過ぎてしまった。

しばらく雨の降らない時期があったから、彫刻周りの草も水気が減って芯が強くなって葉や茎がかなり固くなってしまっただろう。
富山も5月以来ご無沙汰だから、今のうちに草刈りだけは終わらせたいと思っていて、先日からチップ刃用とナイロン刃用の2機の草刈り機を結界くんに積み込んでいる。
富山周辺は曲がった道が多くて強いカーブを曲る度に、5Lの混合油缶がリヤデッキでガラガラ音をたてて少々うるさい。

アクティビティをチェックしたら、草刈り機を振り回した日はやたらとエクササイズの数値が伸びている。
3つのカテゴリーすべてが一回転していて、エクササイズなど2回転を過ぎて3回転目に回り込んだりしている。草刈り機を振り回す同じ動きが延々と続くせいなのだろう。
カロリーの消費もけっこうあるし、立ち動いている時間も多い。
歩数計を見ると、草刈りの範囲が多かったか少なかったかが正直にわかる。
万善寺の境内地は狭いから平地を広範囲に動き回るというより、坂や石垣など斜面の草刈りが多い。富山の方は田んぼの耕作放棄地だったり、住居跡の平地だったりするところへ彫刻を設置してあるから、当然草刈り範囲も広がって動き回る量も増える。

AppleWatchを腕に装着するようになってからその日やその週やその月の自分の動きを客観的なデータで確認するような事が増えて、このところそれが習慣になりつつある。
今年の5月など、ほぼ連日動き回っていて、ゆっくり休日を過ごすような状態ではなかった。感覚的には、デスクワークも停滞しているし、彫刻やクラフトの制作もご無沙汰しているし、万善寺の法事など1ヶ月で2つくらいしか無かったし、暇に怠けてばかりいたふうに思っていたが、円グラフや数値を見るととても怠けて暮らしているように思えない。

「どうせそのうち飽きてしまうだろう」と自分を信用出来ないまま、こうしてダラダラとマニアックなブログを書き続けていたら、何故かそれがいまだに続いている。
毎日自分勝手に暮らしているから、必要に迫られて何処かの誰かと会話をする必要もないし、のんびりしたものだが、それでも何かしら自分の心が乱れて落ち着かないこともあるから、ブログの書き込みはチョットしたガス抜きにもなっていて都合がいいのだろう。
AppleWatchが勝手にボクのデータを集計して、その時々の自分が客観的記録に残る・・ということが、今の自分にはとても新鮮に感じているところだ。

IMG_1867.jpg
IMG_1865_20170610062243ed4.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/2665-9f870a4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-07