工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

クロ帰宅 

2017/07/11
Tue. 23:57

駐車場へ帰って結界君から降りたら、吉田家のロフト窓のいつものところからクロが鼻先をペロペロ舐めながらクールな目で見下ろしていた。
ついさっきまでだらしなく伸び切って寝ていたのだろう様子が目に見えるようだ。
荷物をおろしたりしている間に、窓からクロがいなくなっていた。
「さては、土間へ降りたな・・」
玄関の引き戸を開けていると、家の中からクロの鳴き声が聞こえる。

クロの脱出で一番警戒しなければいけないのが、この玄関を開ける時。
それを上手にクリアーすれば、あとはオヤジのペースで事が進む。
脱出失敗を察したクロは、だいたいほとんど、しばらくのあいだ未練がましく玄関の障子戸を見上げながらウロウロしはじめる。
「あわよくば、オヤジがもう1・2回、玄関を出入りするかもしれない・・そのスキに・・」
クロの執念深い性格がこういう具合で垣間見れる。
彼のそういう諦めきれない行動をオヤジのペースに引き込んで、脱出の未練をキッチリと断ち切ってやることにしている。
ある時は、抱き上げて抱っこしてギュッと抱きしめる。
ある時は、玄関の引き戸を少し開けて町並みの外気を嗅がせてやる。
ある時は、大げさにドタバタと追いかけて吉田家の奥へ追い詰める。
ある時は、クロの存在を無視してサッサと居間へ上がり込む。
その時々で対応を変えながらクロの脱走欲を断ち切ってやると、あとは普通に彼の気持ちも落ち着いて興味が別のところへ向く。
適度にリラックスして気持ちに余裕がある時は、左手で水をすくって飲むことがある。
クロの癖だが、これが実に可愛らしくて癒される。
めったにその仕草をしないので、それを見かけた時は「ナニか良いことがあるかもしれない」と、密かに思うようにしている。
クロのそういう仕草は彼の健康状態が良好であるという判断材料の一つにしている。

珍しく午後から吉田家に居たら、クロが私の周囲でやたらとフギャフギャ鳴きながら何かの誘導を仕掛けてくるので、ご飯か水でも無くなったかと覗いてみたがそれも十分に足りているし、どうも判断に苦しみつつ無視をしていたら、そのうちあきらめたようで静かになった。
それから少しあと、ワイフの帰宅の様子が玄関の方から聞こえてきた。
「クロだめ!ダメよ!駄目だからね!コラ!クロ!」・・・しばらくワイフの声だけが聞こえていて、「ただいまぁ〜」と居間へ上がってきた。
「おかえりぃ〜、おつかれさまぁ〜」
「まったく、チョット目を離したスキに脱走したからね!クロが!」
ワイフは、自分の失敗をクロのせいにしてプンプン怒っている。
クロは、完全にワイフの行動を読んでいる。
それから4〜5時間も過ぎただろうか・・・だいたい日の変わる少し前に静かに帰宅されました・・

IMG_2026_20170712082740dd0.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/2697-70f3be9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-07