FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

なっちゃんの結婚式 

2017/08/01
Tue. 07:50

万善寺の本堂前のいつものところで、今年はじめてのマムシを見た。
上手に渦巻きのとぐろを巻いて早朝のひと時をノンビリとくつろいでいた。
私に気付くとそそくさととぐろを解いて茂みに滑り込んでいった。
そのマムシは、丸々と太ってなかなかの大物だった。

本堂の東側に、山鳩のつがいが舞い降りるようになった。
時々鳴き声を聞いていたが、最近暑くなって夜が寝苦しかったりすることも増えてウツラウツラしていると、どこか近所の方で夜鳴きしていることに気付いた。
万善寺墓地への参道を整備する時、道の拡幅で枯木を切り倒した。それで境内の東側の見晴らしが良くなったので、裏山の鳥たちの飛行ルートが少し違ってきたのかもしれない。
かれらもしだいに図々しくなってこの頃は庫裏の庭先の方まで歩いてくるようになった。

土蔵の腰板裏には蛇が住み着いていて、ネズミ退治をしてくれている。
彼らは時々境内へ出て這い回っていて、それを発見したスズメたちが一定の距離を保ちながら蛇を取り囲んで一斉に警戒の大騒ぎを始める。

7月の29日からしばらく島根県を離れて留守にしていた。
昨夜午前0時少し前の、まだ7月31日のうちにひとまず石見銀山の吉田家へ帰宅した。
ナッチャンの人前結婚式と披露宴が30日に東京の青山であって、家族揃って出席した。
吉田家の家族で島根県在住は私達夫婦と長男のじゅん君だけだから、7月に入って三人揃って上京のスケジュールを調整していたのだが、直前になってから島根組の日程調整が複雑になって、結局は3人バラバラの現地集合になった。
たぶん、ジジイに近いオヤジの私が一番体力を消耗したと思う。
そのあたりのことは、道中記の方でまとめることにする。

深夜に帰宅してから留守中に溜まっていた郵便物の整理などしていたら結局8月1日になっていた。
少し仮眠して、クロに叩き起こされて、眠い目をこすりながら荷物をまとめて結界くんへ乗り込んだのが今朝の6時半。
銀山街道で猿に出会った。
道路工事が随分進んでいて、見た目の風景が変わっていて驚いた。
3日ほど締め切って留守にしていた万善寺は、空気がドンヨリとして生暖かい。
そこら中の窓を開けて空気を入れ替えて、旅の間に溜まった洗濯物を洗濯機へ放り込んでから、デスクトップを起動した。

東京でのボクの宿舎は4月から一人暮らしを始めたキーポンの部屋で、ワイフとじゅん君はワイフの実家のおばあちゃん家。
この3日間は、ラップトップを使うこともなく、iPadを覗くこともなく、iPhoneのメールとLINEと電話だけで乗り切った。
キーボードを叩かない日が3日も続くなんてことは、とても珍しいことだ。

IMG_5166.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/2714-ffedb8be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-07