FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

旅の途中 

2017/08/02
Wed. 07:04

島根の石見銀山から東京まではおおよそ900kmほどある。
車で移動する場合のルートがいくつかあって、その時々の季節や自分の体調や交通の道路事情(たとえば集中工事とか・・)を考慮してアバウトに決めてから自宅を出発する。
移動のポイントは、経費削減か、時間優先か、そして、自分の体力温存か、それらのどれを優先するか、だいたい3つのパターンから選ぶことにしている。

なっちゃんの結婚式と披露宴が7月の最終日曜日に決まってから、彫刻や展覧会のことや万善寺のことを調整して、7月の25日くらいから比較的楽に動けるように日程調整をして島根に暮らす家族のスケジュールが決まるのを待った。
住職坊主の暮らしは基本的に受動的なものだから、自分の都合で行動をガチガチに固めてしまうことが出来ない。なんとなく緩やかにおおよその行動計画を用意して、あとは周辺の事情へ我が身を委ねて流れに身を任せるくらいがちょうどいい。
8月の1日からお盆の仏事が入るので、東京から島根までの移動は式が終わってから1日しか余裕がなくて、これだけは何があっても外すことが出来ない。随喜法要のためにそれなりの体力を温存しておくことも大事なことだし、ワイフとじゅん君にはそのことだけは事前にキッチリと伝えておいた。

次女のノッチがあと1週間ほどでアメリカへ出発する。
それまでに東京の部屋を引き払うことになるから、引越しの手伝いも兼ねてワイフの赤い普通車で移動することにした。式場での衣装のことやノッチの引越荷物のことを考えると、公共の交通機関を利用することが難しいと判断した。
私は彫刻の搬入出で毎年日本のアチコチを移動しているし、ノッチは仕事を兼ねて気楽で自由で能動的にアチコチ移住しているし、規模や距離の大小長短はあるが、二人ともそれなりにアクティブに活動しているところもあって、モノの整理のこととか移動手段のこととか、そういうノウハウが自然と身体に染み付いているようだ。
「特に必要を感じないの・・」と、運転免許も持たないノッチの潔さはなかなかマネの出来ないところもあって、密かに憧れているし見習いたいと思ったりもする。

東京での2泊は、ノッチのベッドを移動するところから始まってキーポンのお世話になった。
吉田家では掃除も洗濯も料理も、家事らしいことは何もしないでゴロゴロと暮らしていたのに、社会人になって一人暮らしが始まってからは、見違えるほど几帳面でキレイ好きになっていた。彼女の部屋を見ると、ちゃんと親離れも出来て自立してくれたことがよく分かる。
移動の多いノッチの部屋は、必要最小限のものしか無くて暮らしのうるおいを感じるようなこともなく、そっけなくて味気ないものだった。だいたい1〜2年で転職しながら自由に暮らしていると、最初から何も無いことの不便を感じないでいられるのかもしれない。
SNSで公開した紙幣を見ると、彼女の旅の痕跡が凄い。
私なら記憶の証拠として保管するだろうが、彼女はサッサと換金してトランクに変えたようだ。その潔さもまた凄い。

IMG_0752 (1)
IMG_0753_20170802070310c00.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/2715-5ffa527c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-08