FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

オヤジの出来事 

2017/08/05
Sat. 23:09

代行導師の葬儀が終わった。
結界君で5分程度走ったら隣町へ到着する。そのくらいの距離なのに、トコロが変われば葬儀システムも少しずつ違っていて、けっこう気疲れする。
納骨を済ませて、野辺帰り安位のお経を読んで、それに初七日と35日も併せてお経を読んで、それらがワンセットになってお葬式の次第になっているようだ。こういう、坊主の代行業務も滅多にあることでないから、何かに記録しておかないとそのうち忘れてしまって、次に似たような事態が生じた時には、またまた気疲れ心労で苦労することになるかもしれないし、念のためこうしてその時々の出来事を備忘録へ記しているところだ。

午後からは、同じ隣町の臨済宗のお寺で施餓鬼法要がある。
飯南高原とその周辺は、曹洞宗寺院が3ヵ寺と臨済宗寺院が2ヵ寺ある。施餓鬼とか施食会とか大般若会とか御大師供養とか、そういうそれぞれの寺院で法要の手間替え随喜をしながら坊主の頭数を揃えて法要にあたる。
今回、曹洞宗の現役住職が遷化されたことで、貴重な坊主の頭数が1人減った。
順当に順番が狂わなければ、そのうち近い将来、万善寺住職の私も死ぬだろうし、そうなると、いよいよ寺院の法要仏事や周辺地域の葬祭が回らなくなる厳しい現実がやってくる。先のことに思い巡らして今のうちから悶々と悩むこともないのだろうが・・・ナンチャッテ坊主もなかなか難しいめぐり合わせになってしまったものだ。

それやこれやで、棚経をすべて終わらせて万善寺へ帰着したのが夕方の5時前だった。
パンツから改良衣にまで汗が染み渡って不快極まりない。
早速風呂に温めのお湯を張って行水をした。
さりげなくヒーリング・ミュージックを垂れ流して、1時間位のんびり出来ただろうか?徳島の彫刻家から野外彫刻展絡みの事務連絡が入った。それから少しして、地元の同級生オヤジからAppleWatch絡みの問い合わせ電話が入った。湯船に浸かりながらそれぞれにそれなりの対応をした。
新作の野外彫刻と一緒に、秋に徳島へ行くことになった。最短1泊2日の旅になる。
先日の焼肉飲み会でボクの左手首のAppleWatchを目ざとく見つけた同級生オヤジは、その後、それが欲しくて欲しくてたまらくなって、遂に我慢できなくなって購入に踏み切ったようだ。さりげなく自分に都合よくソコソコの理由を電話口で連打していた。これでAppleWatch仲間が一人増えた。

庫裏で寄宿している彫刻見習いのユキちゃんが、後輩を連れてきた。
痩せてヒョロリと背の高い青年で、どれほどの腕力があるのか怪しげなふうで、ユキちゃんの方がずっとたくましくて力持ちにみえる。
彼は木彫を幾つか持参していて制作のテーマとか方向性のことなど熱心に話してくれた。
彫刻を造ってはいるが、特にその世界で目立った作家でもないし、住職であっても彫刻の重職に就いているわけでもないし、そういう無役のオヤジを彫刻持参で訪問してくれただけでも有難くて嬉しい。思わず「まぁ〜、飲んでヨ!飲んでヨ!」と、残り酒を進めていたら、大事にしていた鳥取のアヤノちゃん推薦の旨い酒がなくなってしまった・・トホホ

IMG_2114_2017080607103097e.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/2718-11c34254
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-08