FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

それぞれの暮らし 

2017/08/20
Sun. 23:16

朝の目覚めは、普通に何時もと変わらなかった。
寺の一人暮らしに慣れてくると、いつの間にか日の出とともになんとなく目がさめるようになって、早朝のアレコレをひと通り済ませることが習慣になりつつある。
だいたい2〜3時間ほどそうやって庫裏や本堂をうろついて、デスクワークを少ししてから休憩に入る。その頃が石見銀山でワイフと二人暮らしをしていた頃の私の目覚めの時間になる。歳をとったせいか、環境が変わったせいかよくわからないが、夜中にひたすら夜更かししてもだいたい決まったように目覚めてしまうから、あまりシッカリと熟睡できていないのかもしれない。

飯南高原のインターネット回線があまりにも貧弱で、夜のうちにデータのやり取りをしようとしても上手く機能しない。遅々としてデスクワークが進まなくてはかどらないから映画でも見ようと気持ちを切り替えるのだが、インターネット経由の映画もまともに動かなくて結局断念する。そのまま仮眠するか、本でも読むかくらいしかすることもないし、なんとなく夜の時間がもったいないと思ってしまう。
かろうじてメールやLINEなどの軽いSNSはソコソコ使えていて、iPadとiPhoneを駆使して事務連絡をとりあっているが、キーボードの感覚に慣れなくてストレスがたまる。
この1〜2年は、大事なデータをCloudに保存することが普通になって、仕事ごとに使い分けていた外付けのハードディスクの使用頻度が激減していたのだが、今になって少しずつ復活し始めている。

久しぶりにキーポンが一人飯の写真を送ってくれた。
現在の吉田家は、結婚したなっちゃん以外みんなアチコチで一人暮らしをしている。いちばん味気ない食生活を送っているのは、たぶんじゅん君だろう。ノッチはオーランドでシェアハウス暮らしになったから、食事の世話もそれなりにみんなでワイワイと仲良くこなしていることだろう。ワイフは比較的几帳面に食事の管理をする人だから、心配することもない。私は、棚経が始まってから不摂生が続いて、最近は胃の調子がすこぶる悪くて、胃薬が手放せない状態だ。

吉田家の一人暮らしが続いているワイフは、それでもネコチャンズやグッピーたちがいて、その世話で手間もかかるだろうが、私ほど純粋に一人で寂しく過ごしていることもないだろう。彼女は、先日思い切ってソファーベッドを購入したらしく、その写真をSNSで届けてくれた。狭いリビングがより狭くなって、ついに私の居場所がなくなった。
20年ほど前に手づくりして家族が入れ替わりながらごろ寝していたカウチはいつのまにか物置になっている。そろそろ彫刻の制作で吉田家暮らしに戻ることになる。そうしたら、カウチを分解して撤去することも考えたほうが良いかもしれない。
結局は、吉田家で一番長く暮らすワイフに併せて少しでも彼女が住みやすい環境を整えてあげることが一番いいと思う。

知らない間に相当疲れが溜まっていたのだろう。朝のひと仕事が終わって切りの良い所でごろ寝したら、そのまま昼食も食べないで夕方まで寝てしまっていた。

S__13606914.jpg
IMG_0760.jpg
IMG_2148.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/2733-c1aef9e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-08