FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

クロ対策 

2017/09/05
Tue. 23:14

限りなく透明に近いグレーな吉田家のコトをブログにしたら、ノッチがさっそく食いついてきた。
ボクは君の適度にゆるいところ良いと思うんだけどなぁ〜・・・
チョット短気で気に入らないとすぐにプンプンすることもあるけど、それは多分、よほど親しい関係にある人の前(たとえば吉田家の家族とか)でだけのことだろうから、それも愛嬌ということで・・・

クロがポーカーフェイスでしつこく脱走をあきらめないでいるから、私の留守の間にワイフが吉田家の玄関から土間のあたりを整備しはじめて、その最終段階でいつもの棟梁の手を借りることになった。
朝早くに現状を確認がてら棟梁がやってきて、お互いの知恵を出しながら打ち合わせを済ませた。
「それじゃぁ〜、昼からということで・・・」
「あっ、それだったら玄関入れるようにしておきます!吉田家は二人とも留守だと思うので・・・」
棟梁が土間で仕事がしやすいように、一度片付けてキレイになった部屋が結局物置に戻りそうになっていたところを再度午前中かけて本格的に片付けた。
あふれた荷物は持って行き場もないから、結界くんへビッシリと詰め込んで万善寺へ走った。
狭い山寺とはいえ、今の吉田家よりは広い。本堂の西側にある渡り廊下の空きスペースを少し片付けて結界君の荷物を積み上げた。

昼食の時期を過ぎてから空腹に気づいたが、いまさら昼ごはんをつくる気にもなれないし、ひとまず昼飯抜きで石見銀山へ向かうことにした。
空荷で帰るのもモッタイナイ気がして、寺のアチコチに積み上げられているダンボールなどの紙類をまとめてみたら、リヤデッキいっぱいのソコソコの量になった。
明日は坊主家業で法事があるから、荷物を積んでウロウロするのも坊主らしくないし、紙専門のリサイクルショップへ持ち込んだら150円になった。
「油代のほうが高くついたな?・・」
なんとなく、いやしい打算が脳味噌をよぎったが、「資源の有効活用に貢献したのだ!!」と、自分の身施善行に気持ちを切り替えた。

午前中に石見銀山を出発してひと回りして帰宅したら、土間から投光機の明かりが漏れていた。
棟梁の仕事は実に早い。
夕方までにフレームが組み上がり、たぶん、明日半日もあれば完成するだろう。
これでクロの脱走が激減するはずだ。
感の良いクロが、そういうことを察してか今日1日で2回も脱走を成功させて、現在まだ帰宅していない。
「フフフ・・・、君の散歩も今日で終了サ!」

IMG_2194.jpg
IMG_0768.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/2749-2a4f33c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-08