FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

スケールが違う 

2017/09/12
Tue. 23:28

午前中から昼過ぎにかけてははそうでもなかったが、その後雨脚が次第に強くなって、日が暮れる頃には暴風雨に変わった。
奥出雲の展覧会準備で、会場まで備品を運んだりしてアレコレするうちに暗くなったので施錠してその日の作業を終わらせた。
奥出雲からだと万善寺経由で石見銀山まで2時間弱かかる。
吉田家へ着いたのは夜の九時を過ぎた頃だった。
途中、雷がすごくて、一瞬真昼のように明るくなる。
撥水剤のおかげで視界はかろうじて確保できているが、それにしても凄い暴風雨で結界くんも時折フラリとふらつきながら必死で態勢をキープしている。

やっとの思いで吉田家にたどり着いたら、ワイフがテレビを見ながらまだ寝ないで起きていた。
いつもだったらもう布団へ潜り込んでいる頃だから、きっと私の帰りを待ってくれていたのだと思う。
遅めの夕食の間も屋根を叩く雨音がすごくて、テレビの音声が聴き取りにくい。
夜も遅いし、こういう時は心配をめぐらしてもどうなるものでもないから、サッサと寝てしまうに限る。

島根県の暴風雨位で結構ビビッて大変な思いをしているわけだから、フロリダ上陸のハリケーンはとてつもなくデカくて、私ごときの想像の域を遥かに越えているのだろう。
ノッチのことも心配ではあるが、あまりにも距離が離れすぎていてドウコウするにもすべてが気持ちの空回りで過ぎてしまってオヤジの現実からは程遠い。
本当に世界は広いんだなぁと実感する。

「今日はじゅん君の誕生日だったはずだ・・・」
ふと気がついて、「忘れないうちにSNS送っておかないと!」と、なにか大事な義務感のようなものに気付いて「おめでとう!」と送っておいたら、「ナニが??ヒョットしてボクの誕生日のことだったら、それ、明日だよ!」と返信があった。
そうなのだ!そういえば今日はじゅん君の誕生日の一日前の日だった。
「しまった!」と一瞬思った。
それでも忘れて過ぎてしまうよりはまだマシだ。

その、じゅん君の誕生日の前日が、彫刻の業者搬入日であった。
会場で彫刻の梱包を解きながら1日がすぎる間に新しく4点の彫刻が届いた。
昨日と合わせて合計32点となって、最終的には40点位の彫刻が集まりそうだ。
昨年は点数が多すぎて窮屈な展覧会になったから、今年くらいの点数が奥出雲の会場にとっては丁度良い。それに、島根県在住の若い彫刻家の出品が増えたことも喜ばしい。
一仕事終わって休憩しながら家族のSNSをチェックしたらフロリダのノッチがハリケーン通過の状況を載せていた。宿舎前の樹木が裂け折れるほどだからかなりの威力だったと想像できる。嵐の後の虹が絵に描いたようだ。ナンもカンもアメリカはスケールが違う。

IMG_2219_2017091223275379f.jpg
IMG_2220.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/2756-44812169
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-08