FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

ヨレヨレオヤジの1週間ーその1 

2017/09/19
Tue. 14:03

「万善寺さんの携帯でしょうか?・・○○ですが、昨夜父が亡くなりまして・・・」
それは、突然の電話だった。

ちょうど、工場にこもって徳島野外彫刻展用の彫刻を造っている最中で、プラズマ切断の電源ノイズとトーチの先からコンプレッサーの圧縮空気が勢い良く吹き出ているなんともうるさいときで電話の内容がうまく聞き取れなかったものだから何度も聞き返した。
たしかに、身内が亡くなった状況の中で「大きな声で元気よく!!」会話が出来るわけもなく・・・とても失礼なことをしてしまった。
奥出雲の現代彫刻小品展が始まる直前で、これから展示台を運んだり彫刻の展示をしたりキャプションや出品目録などを印刷したりでいっきに忙しくなるから、少しでも彫刻制作を先に進めておこうと、がむしゃらに鉄板と格闘している時だったから、だいたい目標にしていたその日のスケジュールが崩れてしまって、一瞬頭が真っ白になった。
「それはそれは、お寂しいことでしょう・・・なんともご愁傷様でございます・・ところで、亡くなられたのは○○さんでしょうか?」
「はい、父の○○です。それで、お葬式をお願いできないかと・・」
そのお宅は、万善寺のお檀家さんではなくて浄土真宗の門徒さんだから、詳しく家の事情を知らないし、時期が時期だけに普通ならまずお断りする方向で話を聞き取っていたのだが、先代住職からの付き合いもあるし、お父さんご夫婦が健在の頃は夏の棚経に毎年お邪魔して親しくさせていただいていたし、なかなかうまく次の会話に繋げられないまま、結局葬儀日程などの具体的な話になって、「ひとまず、今の用事が落ち着いたところで枕経のおつとめにお邪魔しますので、詳しくはその時に聞かせていただきますから・・」となって、浄土真宗さんのお手伝いをすることに決まった。

それから自分の周辺が慌ただしくなって、とても一人で展覧会業務をまかなうことが不可能になった。
すでに、アルミ2tのレンタルもしてあるし、展示台の搬入をしないと展覧会を始めようがない。急遽、いつもの棟梁へ連絡してスケジュールの修正をした。
ここまで幾つかの違った事情がひとつに集まることなどなかなか無いことだ。
仏事の事情に彫刻の事情をかぶせても正当な言い訳にならないし、彫刻のスケジュールを仏事の事情で変更もならないし、アレはアレでコレはコレで別々の事情に一人の親父が絡んでいるだけのことだから、結局は誰の迷惑にもならないように自分の事情を工夫してやりくりするしかないことだ。
ナニが出来るかというと、世間が寝静まった夜の間に幾つかのスケジュールをはめ込んでしまうということ。
それ以来、ほぼ1週間・・・だいたい睡眠時間3時間程度で乗り切っている。
寝る前とか目覚めのひと時を使ってプチプチとキーボードを叩いて垂れ流していたオヤジのブログも、完全にその時間を奪われた。
さりげなく私のブログへ付き合ってくれているのは、吉田家オヤジと一・二を争うほどヒマを上手につくっているノッチくらい。
そのノッチがボクのことを心配してくれた!・・・嬉しいよね・・・ヤル気が出るよ!

IMG_2240.jpg
IMG_2238.jpg
IMG_0779.jpg

[edit]

CM: 1
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

のっちだけではないですよ~ブログで搬入や台風や展示等々様子を気にしておりました。更新できないくらい大変かと心配しておりましたが、上回ってますね…体が心配です。ブログはいったんお休みして、睡眠少しでも取れれば…。

オーイくぼぐっちゃん #- | URL | 2017/09/20 08:18 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/2758-a7294d02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2019-03