FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

ヨレヨレオヤジ奮闘記ーその1 

2017/10/05
Thu. 03:09

気がつけば、9月が終わり10月が始まっていた。
石見銀山の夜はぐっと冷え込んですっかり秋らしくなっていた。
「こんばんわ!今日は満月らしいですけど、なんかチョット欠けてるような??・・お月さまに虹がかかってキレイですよ♡!」
吉田家前の駐車場へ結界君を駐めてエンジンを切ったら、隣の若奥さんが、これも少し前に隣へ駐車した車から降りているところで、スライドドアの中から荷物を引き出しながらそう教えてくれた。
「あぁ、こんばんわ・・そうですか、満月ですか・・・」
見上げると、石見銀山の要害山へ続く山のアウトラインが黒く沈んで夜の町並みがボンヤリと浮かび上がり、吉田家の大屋根の瓦が月の光に反射してまぶしいくらいだった。
確かに、空に浮かぶ秋の月には真丸の虹がかかり、上層には出来損ないのうろこ雲が小さな島をつくって満月の横を南から北の方へゆっくり移動していた。

今朝・・・といっても、お昼の12時半頃に目が覚めた。
ワイフには、朝から通勤坊主で寺に行くことを伝えて寝たはずなのに、12時間以上の間、何度か微妙に覚醒しながら切れ切れに幾つかの夢を見ながら眠り続けていたようだ。
ハッキリと目が覚めたのは、ワイフがなっちゃんと会話している様子が耳に入ったからだ。
最初は、少し意識が混乱していて、また何かの用事でなっちゃんが帰省したのかと思ったりしていたのだが、ワイフの声だけが聞こえてくる現実の状況が次第に理解できるようになって、それで、電話での会話だということがわかってきた。
そういえば、食料などを買い込んで送るようなことを云っていた。
2日間レンタルしていた2tユニックを返してワイフに拾ってもらってから近くのスーパーで大量に買い物をしたことを思い出した。

今年も、六本木の美術館で始まる展覧会に向けて島根搬入が始まって終わった。
気持ちも身体も緊張が続いて微妙にシッカリと正気でいられているが、実態はかなり疲労が蓄積していたようで、東京までのチャーター便へ全ての彫刻を積み込んで解散してから、その様子を記録しておくことを忘れたことに気付いた。
昨年までは、搬入経費を抑えようと、集配所のプラットホームと工場や吉田家などを軽トラックで2〜3往復したりしていたが、今年は、今後の体力温存を気遣って2tユニックを手配しておいた。
それほど大きくも重くもない彫刻だから普通に軽トラックで1日かけて回数を稼げばなんとかなるくらいのことだったが、その往復の連続に自分の集中力と持続力が絶えられる自信が無かった。
まぁ、ようするに自分もこの1年の間にそれだけ老け込んでジジイになったということなのだろう。
年季の入った折り紙つきの底無し貧乏人だから、2tユニックのレンタル料くらい、500円貯金を少しほど切り崩せばなんとかなるだろうし、次には六本木での陳列作業も控えているし、この度は、少しほど贅沢をさせてもらった次第です!

IMG_6046.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/2771-5354f29c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-06