FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

ゆれる彫刻 

2017/10/30
Mon. 18:36

2週間ぶりに自分の彫刻と再開した。
たしか、台風は熱帯低気圧か何かになって通り過ぎたはずなのに、六本木のビル風はまともに立っていられないほど強かった。

野外彫刻展示会場の自分の彫刻の前に立っていると、重心のバランスが少しヤバイなと思っていたパーツの方が時折の突風にあおられるたびに微妙にフラリと揺れていた。
何もかもが自分の責任のことだが、かたちの甘さが分かっているのに都合の良い言い訳をつくって制作のスケジュールを優先してしまっていることがこういう時にバレてしまう。

遅れて発送しておいた招待状が届いたらしく、たった半日の間彫刻の周辺をうろついているあいだに、知り合いが2人やってきて、1人電話を入れてくれた。
チーボォーは、ワイフが大学時代の部活友達だった。年齢はワイフより幾つか若いはずだ。そのせいか、久しぶりに逢ったはずなのに学生時代の面影がしっかり残っていて、すぐに気がついた。突風にあおられながらしばらく立ち話をしたが、お互いに体の芯まで冷え切ってきたし、話題の区切りを見計らって別れた。
ユーコちゃん(といっても、もうしっかりとしたオバサンだが)は私より20歳位は若いと思う。武蔵美の油絵を出ていて、いまだにコツコツと制作を続けている。しばらく前にも個展のDMが届いていたので、二人して突風に揺れながらその話題になった。
DMにあった彼女の描いた絵を見ていると、変わらないテーマの題材に少し表現の変化があった風に思っていたが、そのあたりのことをセッセと話してくれた。だいたい2年位ほど密かにあたため続けていたらしい。日常の時間軸が随分スローペースに思えて、少し羨ましかった。自分も周辺の事情からみるとかなりスローにシフトして日常を過ごしていると思っているのだが、彼女のスパンとは違った暮らしぶりだということを自覚した。
シューメーは、律儀に電話してくれた。
「最終日って終了早いね!4時位だと思ってたよ・・」
会社では重職でバリバリと、まぁ、とても忙しいくしていて、ナンチャッテ住職の吉田とはラベルの違う人だから、電話をくれただけでも鼻水が出る。

色々なことがあって、今年は展覧会が始まって半分くらいすぎた頃にDMを送ってしまったから、何時も吉田夫婦の愚作を観てくれる常連さんにとっては失礼なことをしてしまった。
毎年、年賀状の隅っこに手書きで「展覧会見たよ!」と書いてあったりすると坊主家業の慌ただしく荒んだ正月が少しほど潤って気持ちが暖かくなる。そういうこともあって、親族の不幸があっても喪中はがきを出すことをしない。少しほど時期をずらして「さり気なく寒中見舞いらしきメールを返しておくくらいで良いかな?」と、勝手に思っている。

展覧会の展示作業が終わって改めて自分の彫刻を見ながら、気持ちの方は次の制作に切り替わっている。だいたいの感じが固まっているが、こうして搬出で2週間ぶりに改めて自分の彫刻の前に立つと、また違った風なかたちが見えてきたりする。これから先、300日位は日常のアレコレをしながら彫刻のことをアレコレ迷いながら暮らすことになる。

IMG_2356.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/2787-825c4cb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-08