FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

井形さんの教室個展 

2017/11/24
Fri. 10:00

珍しく一日中晴れてくれた。
雲は多かったが、久しぶりに青空を見る気がした。
ちょうど、富山の彫刻展会場から展示台を搬出して倉庫へ移動することにしていたので、恵みの晴れになった。

朝から会場の復元をしていたらユキちゃんが手伝いに来てくれた。それからしばらくして周藤さんも来てくれた。
2階の会場と1階を何度も往復しているうちに、調子の悪い膝がシクシクと痛くなりはじめた頃だったので、2人の応援はとても助かった。
1日かかると思っていた搬出作業は、2人のおかげでお昼過ぎに終了した。工場近くのレストランでお昼ごはんを食べて、そのまま別れるのも味気ない気もするし、ささやかな中間の打ち上げをしようということになった。その会場はノリちゃんの旦那のお店。
夕方から飲みはじめて夜になって気がつけば午前0時が近づいていた。周藤さんと一緒だとどこかしら気持ちが華やいでツイツイ飲みすぎてしまう。どうやって自宅へたどり着いたのか記憶がなくて、気がつけば朝になっていた。

井形さんの彫刻は12月に入ってから搬出することにしていて、それまでに梱包を済ませることになる。
10年位前に福岡の彼女の自宅を訪ねたことがあるから、こんどの彫刻返送移動が楽しみだ。
彼女はタケちゃんと大学が一緒で会期中には学生時代の話で盛り上がっていた。
彫刻の方は、二紀会の彫刻部に出品を続けていて、長い間揺れていたテーマが数年前に落ち着いて固まって、それからすぐ会員になった。
福岡には木彫の馬場さんとか新庄さんとか、スケールの大きな彫刻を造る作家がいるし、宮崎では石彫の田中等さんが精力的に地元地域に根付いた彫刻イベントを仕立てているし、他にも九州には元気の良い彫刻家がたくさんいてとても刺激になる。
井形さんも最近彫刻の展開が面白くなっていたから、富山小学校の教室個展で今のシリーズを一気に集めると「素敵だろうなぁ〜」と思うようになって誘ったら、少し間があってから承諾してくれた。
彼女はとみ山彫刻フィールドアートワークが始まってから島根へ移動して会期中会場当番を手伝ってくれた。やはり、出品の作家が会場にいるだけで場が締まる。
聞くところによると、彼女の彫刻家人生で個展をするのは初めてだったらしい。
ちゃんとした美術館の展示室でもない廃校の小学校の教室が初個展の会場になってしまったわけだが、はたしてそれでよかったのかどうか?・・・私自身は、とても良い見ごたえのある個展になった気がする。これを機会に、もっと精力的に発表活動を展開して欲しい。

若干二日酔い気味でこたつに潜り込んでキーボードをプチプチ叩いていたら、クロがノシノシと私の上へ乗ってきた。珍しいこともあるものだが、それにしても重くて息苦しい。
結局晴れたのは1日だけで、今朝は一気に冷え込んで雪が舞っている。

IMG_2388.jpg
IMG_2386.jpg
IMG_2387.jpg
IMG_2435_20171124130223f34.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/2797-1eef3bf4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-06