FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

九州出発前夜 

2017/12/02
Sat. 23:43

初冬のこの時期、夜明け頃に保賀の谷へ朝霧が広がっていると、その日はだいたい晴れる。

今年は11月の半ばを過ぎた頃から雪がちらつき始めたから、いつもより冬が早いかもしれないと思っていたが、しばらくすると汗ばむほどの陽気になったりするし、そうかと思うと次の日はまた寒くなって雨が降ったりする、とにかくなんとも気難しくて気まぐれな天気に毎日悩まされている。
こういうことが続くと、ある日突然雪が降って身動きできなくなってしまうこともあるので、早めにスタッドレスタイヤへ履き替えておいた。
ワイフの車も早くそうした方が良いと云っておいたのに、彼女はその時期を逃したまましばらく留守にしてしまったから、いまだにタイヤ交換できないでいる。
島根県は来週から一気に寒くなって雨が続くらしい。
そういう時の飯南高原はだいたい雪になることが多い。
ひどい時は、12月のはじめに降った雪がそのまま根雪になって年を越えることもある。
これからは、それなりの覚悟をして毎日を過ごすことになる。

午前中の用事を済ませて、少しの間留守にしていたワイフを迎えに出雲まで走った。
結界君のリヤデッキには、富山の片付けで溜まった梱包用のダンボールが廃棄の機会を逸したまま積んである。ワイフをピックアップした帰りに、資源ゴミ引き取り屋さんへ持ち込んたら60円になった。こういうことは、お金の問題でなく、それこそ資源の価値の問題で、日頃からそういう意識を大事にしておかないといけないと思っている。

石見銀山の自宅前へ着いたら、町並みに大勢の中国人観光客が押し寄せていて、荷物を下ろすのも一苦労だった。
天候が崩れないうちに、九州の大牟田へ井形さんの彫刻を積んで移動する。さすがに結界君では小さすぎるから、借りておいたワンボックスを引き取って駐車場へ横付けする時も、まだ吉田家前には中国人で溢れていた。観光の流れが収まるのを待って彫刻を積み込み始めたら、吉田家を覗き込んだり、町並みの真ん中で記念撮影を始めたり、なんとも騒がしくて苦労した。

朝のうちはかなり冷え込んで寒かったが、良い天気が1日続いたおかげで積み込みが終わる頃には汗が流れるほどだった。
シャワーを浴びて、早めの夕食をして、仮眠しておくことにした。
ウツラウツラしていると、クロが腹の上を横切って、私の顔のすぐ隣に落ち着いて身繕いをはじめた。まったく、実に身勝手で都合よく擦り寄ってくる。
夜になって、急に冷え込みが強くなった。
ソコソコ晴れて、久しぶりに青空も広がっていたから放射冷却が始まったのだろう。

石見銀山出発は午前1時くらいにして、国道の下道を使って山口県まで走ろうと思う。
それから高速へ上がって大牟田へは10時前には到着する予定だ。

IMG_2443.jpg
IMG_2464.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/2803-3e93de86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-08