FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

寒気の夜 

2018/01/22
Mon. 20:14

万善寺は夜明け前から絶え間なく雪が降り続けている。
昨日のうちに移動しておいて大正解だった。

今度の雪は、水分をタップリ含んでいて除雪用のプラスチックスコップが雪の重みでフニャフニャと使い物にならないほど重たい。
こういう雪が一気に大量に積もると、家屋のダメージが大きくなるので気が抜けない。
自然を相手に人間の出来ることなどたかが知れているから、運を天に任せて「神頼み」ならぬ「仏様頼み」で寒波を乗り切るしかない。

雪のことが気になってチラチラと窓の外の様子を眺めながらデスクワークをしているが、やはりこういう時にはなかなか一つ事に集中できなくて、ウエブニュースを見たり、読みかけの文庫本を開いたりして、どうしても休憩しているほうが多くなってしまう。
文庫本のように、自分の趣味や主観的系統の選択肢で抽出した表現媒体は、その内容に毒があったり否定的なものであったりしても、それをチョイスした自分の自己責任で良し悪しとか賛否を乗り切るしか無いが、不特定多数を対象にしたニュースやコメントは、自分の価値観を越えたところで物事が飛び交ってしまって、そういうことにいちいち反応し始めたらキリがないし、不快でたまらないし、気持ちの平静を維持することも難しくなってしまうから、私のようなワガママ者は面倒臭い現実からできるだけ遠い所へ逃避しようと、そういうことばかり思いながら毎日を過ごしているようなところがある。
最近のメディアは、表現の自由とかフェミニズムとかピューリタニズムとか、そういうものがあまりにも過激に暴走しすぎている気がする。
どこかしら、あえて波風を大きくすることで自分の存在を誇示することに喜びを感じるようなチープなエゴイズムがすぎる。

ハリウッドのプロデューサーのことで大騒ぎになっているところへ、先ごろフランスの大女優カトリーヌ・ドヌーヴさんがメチャクチャかっこ良く一石を投じてくれたと、私は思っている。今のところ、内容はあまり支持されていないようだが、吉田的にはとても共感できる発言だし、立場や価値観の違いで解釈も大きく変わることだから、ドヌーヴさんの発言も一つの正論として、もっと議論されて良いと思っているところへ、今度はブリジット・バルドーさんもニュアンスは違うようだが似たようなお話をされたようだし、とっても久しぶりに、フランスの女優さんの元気な姿が拝見できて、自分の青春を思い出してしまった。もう死んじゃったけど、ミレーユ・ダルクさんは、スクリーンに掲載された写真を見て何度もデッサンしたし、ミレーヌ・ドモンジョさんは、もうメチャクチャ綺麗すぎてセミヌードの写真は直視できなかった。あのヤッターマンの「ドロンジョ」さまはドモンジョさんの名前を拝借したらしい。イタリアのジーナ・ロロブリジーダさんもキレイだし、ダニエラ・ビアンキさんは、007映画でトップワンのボンドガールだと今でも思っている。高校生の時は彼女を見るために何度も封切りの映画館へ行って貴重な生活費を使い果たした。
私の身勝手な思い込みだけかもしれないが、ヨーロッパの女優さんは、女性としての魅力を正しく自覚し理解し区別しながらフェミニズムを認識できている気がする。

IMG_2657.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/2854-4d737f69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-05