FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

立春の朝 

2018/02/04
Sun. 23:01

立春の朝は雪で始まった。
ワイフの勤務先では保護者参加の行事振替で日曜出勤になった。
「チョット車の雪みておいてくれない?」とワイフからお願いされた。
早朝の石見銀山町並みは一面白くなっていたが、飯南高原とは比べ物にならないほど楽な雪だ。それでも次の寒波が島根県上空へ下りて来たせいかやたらと寒い。
結界君を変に駐車していたから、ワイフの車が出やすいようにエンジンをかけた。
窓ガラスに薄く積もった雪をワイパーで払い落として暖機運転をしていたら、燃料が無いことに気づいた。寺へ移動するには足らないから、そのままついでにガソリンスタンドまで走ることにした。
走り始めはルームミラーにチラチラとワイフの車が見えていたが、そのうち見えなくなった。

燃料を満タンにして帰宅すると、クロがソファーのど真ん中で丸くなっていた。
ソファーは、私が万善寺で留守がちになってからあとしばらくしてワイフが買ったものだ。なっちゃんが本社出張で帰省した時はそれがベッド代わりになっている。
ワイフの仕事は午前中で終わるらしいから、帰宅したときのために部屋を暖めておくことにした。
クロはストーブの準備で騒がしくしている間も、ピクリとも動かないで丸くなっている。
彼は小さい時から泌尿器系が弱くて、それが慢性化して持病になりつつある。一般的に猫は尿毒症になりやすくて、飼い主がそれを見過ごして早死することも多い。クロはオスだからおちんちんのぶんだけ尿道も長いし、余計にオシッコの出が悪くなったりして病気が悪化する確率が高い。今は抗生剤を飲み続けて泌尿器系の病気に特化したキャットフードに切り替えたりして対策を工夫しているが、それが彼にとって効果があるのかはわからない。とにかく、今の吉田家は圧倒的に留守が多いから人の目の届かないところでストレスを溜めてしまわないように気をつけいるつもりだ。
その点、シロはワイフに上手に擦り寄ってベッタリと甘えきった日常を送っているから、それほど気にする必要もない。猫の世界も、男より女のほうが丈夫にできているようだ。

ストーブの薪に火が回って少しずつ部屋が暖まって皮膚に突き刺さるような寒さが抜けてき始めた頃、クロが目覚めた。あくびを一つして背中を高く突き出してノビをして身体のアチコチをペロペロとナメてしばらく身づくろいをしてから一声鳴いて吉田家の巡回をはじめた。ストーブの前にいる私に気付いているのに、それを完全に無視して椅子の下を潜ってテーブルに飛び乗ってまたすぐ下りて土間へ消えていって、それから、ガサガサと猫砂をかき混ぜる音がし始めた。ウンコかオシッコが終わったようだ。
あとで土間のトイレを確認すると、正常なウンコが転がっていて、親指と人差指でつくった輪っかほどのオシッコをしていた。量は少ないが、尿管が詰まって苦しんでいる様子でも無いようだ。
土間へ下りたついでに玄関の引き戸を開けて町並みの様子をみると、朝の雪は溶けて消えていたが、空からは断続的に雪が舞い降りていた。明日もワイフの通院につきあって寺を留守にする。万善寺はこの程度ですまないな・・・水道が凍結している気がする・・・

IMG_2674_2018020503022234e.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/2867-9e946982
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-08