FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

春の嵐 

2018/04/14
Sat. 23:37

胃痛が激しくなって一晩苦しんだ。
特にこれといった原因がみつからないので、とにかく薬だけでももらっておこうと朝イチで病院へ走った。かなり早く家を出たつもりなのに駐車場は受診の車でいっぱいになっていた。診察を待っている間に少しずつ痛みが和らいで、
「しばらくは腹八分目じゃなくて、腹六文目くらいにしまようね」
「お酒の飲み過ぎはいけませんよ」
「胃でなかったら、胆嚢とか膵臓かもしれないから・・・」
・・・ドクターの前へ座ったらほとんどがカウンセリングに近い世間話で終わった。
診察料金を払って出掛けに、知り合いの看護師さんから「一度胃カメラ飲んだほうが良いですよ!」と小さく耳打ちされた。このまま症状が変わらなかったらそうするしか無いかと思っている。

本当は万善寺の用事を済ませたいところだが、これから春の嵐になる予報だし、まずは無理をしないで一日休息しようと決めた。
帰宅したら、テレビもついてキッチンの電気もついて、吉田家の生活感はシッカリ漂っているのにワイフの姿が見当たらない。ネコチャンズも例のごとく何処かへ入り込んで出てこない。どうしたのかと心配していたら何処かからワイフの声と近所のご婦人の声が混ざって聞こえてきた。「そぉ〜いうことか・・・」と状況がだいたいつかめて安心して少ししてから、玄関口でご婦人のお礼の声が聞こえた。
「裏庭の花がほしいっていうことだったから・・」と、特に何も聞いていないのに、そう云いながらワイフが部屋に入ってきたらシロがフギャフギャ甘え鳴きしながら出てきた。
「わるいけど、お昼はおかゆにしてくれる?」
そう頼んでから、一日休むことにしたことを伝えて即席のソファーベッドへ潜り込んだ。

それからしばらくして強い風が出てきて雨も激しく降り始めた。

胃が痛くてウンウンうなりながら眠れないまま途中まで見ていた昨夜のアメリカドラマの続きを見ていたら、「ごはぁ〜ん!」と、ワイフが台所から声をかけてきた。久しぶりのおかゆが美味しかった。

昼寝をして休んだら体調が少し回復して気分が上向いてきた。
せっかくの吉田家時間をムダにするのももったいないから、しばらく途絶えていた猫草の種を蒔いておくことにした。その頃になってクロが何処かから出てきた。地震以来少しずつ落ち着いて日常の行動が戻りつつある。少しの変化といえば、このところ珍しくシロが頻繁に擦り寄ってくるようになったし、メシを催促するクロの鳴き声が異常に大きくなったことか・・・

暴風雨は夕方になってもやむ気配がなく、むしろ昼間より激しくなった。
なにもしないでいると肌寒いからストーブをつけることにした。
強風で焚付の煙が煙突を逆流してなかなか思うように火がつかなくてかなり苦戦した。

IMG_2917_201804150237471cf.jpg
IMG_2922.jpg
IMG_2924.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/2936-990dfa19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-06