FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

雨の月曜日 

2018/04/23
Mon. 23:43

予報では一日中雨になるということだった。
朝からワイフと出雲へ出かけることになっていたので、雨の9号線を東進した。
いつもだとこういう早い時間帯は銀山街道をノンビリ走ることばかりで、交通量の多い道を走ることがない。
ほとんどが通勤の車列なのだろうが、これが月曜日から毎日続くのだと思うと、自分にはとても耐えられない。それに、銀くん(リタイヤした結界君の代わりになってくれたボクの新しい相棒)はミッションだから渋滞のノロノロ運転に弱い上に、現在右足の不調が続いているオヤジにとっては、アクセルとブレーキの踏み分けだけでも結構なハードワークになっているから、よけいに耐えられない。
そんな感じで、半日かけて出雲の往復を済ませた。

昼から半日ほど空いたので、少しでも身体を休めておこうと、吉田家で過ごすことにした。
雨のせいというより、この数日が逆に暖かすぎたからいつもより肌寒く感じる。
暖かかったせいで一気にネコチャンズの猫草が伸びて、彼等の食いつきが良いものだから、もう少し補充してやることにした。
基本的に面倒くさいことは避けて通るボクではあるが、一方で、自分の気が向いたコトにはこまめに立ち動くことも結構あって、この猫草栽培も苦にならないし、むしろ発芽の楽しみがあって世話をしたくなってしまう。種をせっせと並べていると、クロがちょっかいを出しに来たりして、そのあたりの距離感も良い。

一仕事というほどたいしたことでもない用事を済ませてから、先日依頼のあったグランドの草取り機の材料計算をした。
前回制作した時の記録写真を探してみると、2015年の3月末のことだった。
そう云えば、あれは校長まで勤め上げて退職した友人の退職記念品で造ったものだった。あの時の縁もあって、今回もその彼がつなぎの役目をすることになったのだろう。
前回もそうだったが、依頼から制作して納品までの日数に余裕がない。
学校の先生は総じて物心ついた頃から定年退職するまで学校の塀の中で暮らしてモノを考えているようなところがあるから、世間的に知識人を通していても、その知識の領域がだいたいに机上の学問へ偏っているようなところがある。1年の行事にしても、学校行事中心で人生の殆どを乗り切っているから、色々な職種や年齢層が入り乱れて暮らしている一般的な社会構造には少しばかり縁遠いようなところもある気がする。そういう人が、退職して第2の人生を送るとなると、地域の社会教育とか公民館活動とか民生委員とか、そのあたりのどこかしら教育機関の影が見え隠れするような役職に滑り込むことも多くて、友人の彼などは紛れもなくその常道を脇目も振らないで歩き続けているような人だ。だからといって、それが悪いわけでもないし、その人の聖職であるかもしれないし、それはそれで誰かが勤め上げなければいけない立派な役職のことであるから、適材適所で実力を発揮していただくことが一番いいことだと思う。
だいたいが周囲を斜めに見て自分に都合よく楽に楽に生きようとばかり思っているようなボクにはとても出来ないことであります。

IMG_2952.jpg
IMG_2953.jpg
IMG_4679_2018042609435924f.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/2945-2707089f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-08