FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

今日はボクの誕生日 

2018/04/27
Fri. 23:15

朝からワイフを出雲まで送った。
彼女の用事はだいたい2時間足らずで終わるから、その間ボクの新しい相棒銀くんのスピーカーを慣らしがてらウエブ配信のJAZZを聴きつつ獏さんの長編を読んでいた。

出雲にはBOOK OFFがあるから、こまめに古本をチェックし続けていればソコソコ掘り出し物が出てきてストックを切らすことも無いのだが、最近はどうもうまい具合に寄り道する機会をつくれないことが増えた。たとえば獏さんのような人気作家は、なかなか新しい古本??にめぐり合えないし、最近亡くなった葉室さんの古本も品揃えが悪いし、やはり古本だけで自分の都合をまかなおうと思うと限界があるようだ。

用事が終わったワイフがたまには落ち着いて買い物をしたいと云うので、スーパーまで送り届けてからとっても久しぶりにコメダ珈琲へ寄った。
コメダ珈琲は無料のWi-Fiが使えるのでデスクワークに都合よく利用する。いつもは周囲の雑音も特に気にならないし、それなりに集中できるのだが、今日はとにかく隣の親父二人連れがやたらとうるさかった。しばらく我慢してラップトップをつついていたが、どうも集中できないし我慢できないからiPhoneにイヤフォンを繋いだ。
出雲は、俗に言う出雲弁のお膝元で、吉田周辺も出雲に親戚があるし、仕事も出雲弁圏内のお付き合いが多いからだいたいの出雲弁は理解出来ているが、飯南高原の万善寺周辺はどちらかというと広島弁が強く入っているし、石見銀山の周辺は石見弁が主流だから、どうも出雲弁に馴染むことが出来ない。なんとなく居心地が悪くて落ち着かないから珈琲のおかわりでもしようかと考えていたら「買い物終わった!降りたところで待ってる!」と、思ったより早くワイフから電話が入った。せっかく久しぶりのコメダ珈琲だったのに、なんとなく不満が残った。

帰りに、美味しい手作りパン屋さんへ寄った。できたてホヤホヤのまだ温かいパンを冷めないうちに食べた。特に何をするでもない1日が少しずつ過ぎていく。たまにはこういう日があってもいい。パンのおかげであまり腹も減らないから「夕食は遅くてもいいよ」とワイフへ云っておいたが、台所にいる時間がなにやらいつもにも増して長い。
獏さんの続きを読んでいたら玄関で「こんにちわぁ〜」と声がする。どうせワイフの用事だと思うから無視していたら「しょぉ〜じゅん、いるぅ〜〜?」と聞こえてきて、自分の用事だと気付いた。慌てて土間へ下りたら、逆光に2人の男が立っている。目が慣れると一人は近所の会社役員でもう一人は卓ちゃんだった。そう云えば卓ちゃんが仕事で石見銀山へ来るから「確か明日だったはずだけど・・・」一緒に飲もうと誘われていた。
卓ちゃんは大学時代の同級生で、今は銀座三丁目に自分のデザイン事務所を持ってバリバリ活躍している。NHKのテレビにも出たりしているようだが、吉田には縁がないからいつもスルーしている。学生の頃は時々一緒に飲む付き合いだったから、今でもそれでいいと思っている。

今日はボクの誕生日だった。それでワイフがセッセと料理を作ってくれていたのだった。久しぶりの買い物は、ボクへのプレゼントでユニクロのシャツ2枚・・・幸せなことだ!

IMG_2955_20180430133145118.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/2949-0c9dc9c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-08