FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

ボクは勉強したぞ! 

2018/05/14
Mon. 23:44

9時過ぎから2時間ほど勉強をしてきました!
坊主家業でジッとしてお経を読むのもなかなかつらいものでありますが、この歳になって2時間休みなしで机に向かうというのは、体力的にかなり厳しいものでありました・・・

それで、何の勉強をしたかというと・・・
免許証更新の講習会!
・・・ということは、この3年間の間に2回ほど、あの、今はなき可愛いヨレヨレ相棒の結界くんで交通違反をしてしまったということ・・・

1回は江の川のすぐ脇の街道で、60km制限から50kmに変わったすぐのところだった。
丁度改良衣を着ていて、検問のおまわりさんに「ホホォー、お坊さんですかぁ~〜?!」と坊主スタイルを真顔で突っ込まれた。
直後に、オバサンが捕まってちょっとパニックになってしまって、そのこともあってか、坊主の方はサクッと書類ごとを済まされて開放された。
もう1回は、日が落ちて暗くなってからの信号無視。
黄色で交差点へ入ってすぐに赤へ変わった直後に、パトカーのサイレンが聞こえた。
このときは、つなぎスタイルで彫刻の制作のこともあってそのことを思いながら少々焦っていた時だった。
パトカーは、仕事帰りの帰宅時間をねらって時々その交差点で張り込みをしていて、そのことは前から気づいていたのだが、まさか自分がネコチャンの餌食になるとは思っていなかった。すぐ先の引き込みへ結界くんを寄せて駐車したら、運転席の窓をコツコツ叩いてきたのはうら若き婦人警官だったのだニャァ〜〜・・・
薄汚い作業着のくたびれたオヤジは、チューチュー謝るしか無かった・・・
いずれにしても、その2回で何処かの信号機の修理ぐらいは貢献できたかもしれない。

講習会の勉強の方は、特に嫌だとは思わない。
自分も含めて、男ばかり7人が講習を受けた。前回の3年前は、世代も性別も幅広くほぼ満員状態だったから、ちょっと意外だった。
講師の人が数年間の人身事故統計表を丁寧に説明していた。島根県は、昨年までの3年間は事故率が上昇し続けていたらしい。そのわりに受講者が少ないのはタマタマ春の誕生日の人の事故が少なかっただけのことなのだろう。
それにしても、交通法規がこの3年間でけっこう変わっていてビックリした。こういうことなら、免許の更新とか関係なしに1年1回くらいは講習を受け続けていたほうが良さそうに思った。高速道路の逆走は8の字インターチェンジの導入を増やして対応するらしい。一般道路は回転ロータリーにして信号の無い交差点を増やすらしい。高齢者講習のことも、また少し厳しくなっていた。
日本人の運転は世界でもトップクラスに下手なのだそうだ。ひとが良すぎるというか、温厚というか、控え目というか、臆病というか、度胸がないというか・・・まぁ、総じてそういう性格の国民が多いということなのだろう。
講習を終わってその足で工場へ向かった。午後の半日は草取り機の材料取りをする。

IMG_3026.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/2966-a418118a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-08