FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

美味い! 

2018/06/06
Wed. 23:21

四十九日までの七日つとめが続いているうちは、1週間に一晩は寺で寝ることにしている。その方が、朝の時間に少し余裕ができるし、燃料高騰にはガソリン代の節約になっていい・・・と、前向きに考えているが、さて?それで家計が助かっているかどうかは疑問だ。
寺の一人暮らしだと、どうしてもスーパーへ出かけて自分の好きなものとか、その時食べたいものとか、特に無くても良いものまで無駄買いしてしまう傾向にあるし、いつまでも夜更かしして電気を無駄にしたり、慣れないナンチャッテ料理や風呂にも入りたかったりするし、結局過不足なくストレスのない日常の生活をおくるためには、光熱水費の無駄使いもしていて、万善寺の家計を圧迫する。
自分一人で吉田家の家計も見ないといけないし、やはり、ナニをドォー工夫しても二重生活の無駄は解消することがない。

朝はいつもと同じような時間に目覚めたが、寺でいると石見銀山からの通勤時間がそっくり余って、それから後の七日つとめまでの2時間を持て余してしまう。
こういう時は、何年か前の父の日になっちゃんが買ってくれた備前焼の一人用ネルドリップを使うことが多い。注ぎ口が細く延びたステンレスポットにお湯を移して適温にしてからゆっくりと時間をかけて自分用のコーヒーを淹れる。
例のごとく、農協スーパーでタップリ食材を買い込んでおいたこともあって、珍しく朝食を作る気になった。
お惣菜コーナーで見つけた野菜コロッケにウインナーを炒めて、冷凍庫で眠っていたコストコのパンとか冷凍野菜を解凍したりして、近年にないほどの豪華でボリュームたっぷりの朝食になった。
やはり、ネルドリップはまろやかで香りのたかい美味しいコーヒーになる。
日頃は朝食抜きがほとんどだから、朝から満腹になって七日つとめへ出かける前から睡魔が襲ってきて困った。

梅雨が本格的になったのかもしれない、朝食の間に夜からの断続的な小雨が本格的な本降りに変わった。
飯南高原は、田植えの終わった水田が耕作放棄地と混在しながらパッチワークのように広がっている。
銀くんを施主家前の坂道へ止めてエンジンを切ると、あたり一面からカエルの鳴き声が一気に襲ってきた。雨降りを喜ぶのはお百姓さんと田んぼのカエルくらいかもしれない。
カエルに負けないように、木魚でテンポをとりながらいつもより少し大きな声でお経を読んで鐘をたたいた。
今の施主家では、お経が終わるとすぐにお茶と焼香料が出る。ちゃんとした熨斗封筒に焼香料と墨書きしてあって、だいたい中に300円ほどの小銭が入っている。焼香料も出ないところもあるから、毎週300円いただけるだけでもありがたい。
流石に雨では外仕事にもならないから、外回りの用事を一つ済ませてそのまま吉田家へ帰宅した。いまだにリタイアしないで続いているワイフの懐石盛りには、アジのタタキが余分に添えてあった。島根沖の近海アジは今が旬で油の乗りもいいし、最高に美味い。

IMG_3088_20180608172204b9c.jpg
IMG_3101.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/2989-f9de380d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-08