FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

ワイフの夏休み 

2018/08/22
Wed. 23:39

万善寺の法要が一段落して、ワイフは久しぶりの夏休みで実家へ帰省した。
高速バスで広島へ出て新幹線で東京までのルートを自分で決めていた。
バス停までは、石見銀山から車で1時間位かかるので、私が彼女を送ることにして、約1ヶ月ぶりに帰宅した。
じゅん君も研修が2日間ほどあるとかで帰省していて、家族3人の夕食になった。
ネコチャンズやグッピーたちに逢ったのも久しぶりだ。
翌朝・・・
県境を越えた先にあるバス停までの道程は、もう1年以上走ることがなかったはずだ。
その間に、大雨も降ったし地震もあったから、途中の道路事情を心配しながら走った。
幸い、特に大きな障害もなく予定の通り1時間足らずで高速バスの停留所へ到着した。
ワイフを見送って吉田家へ帰宅するとお昼だった。

長い間自宅を留守にしていたから、何かしらどうも勝手が違ったふうに感じて落ち着かない。それに、やたらと暑い。
万善寺の暮らしも、連日の猛暑でグッタリ疲れ切っていたが、石見銀山の現状を我が身に感じると、やはり飯南高原は暑いけど一方でサッパリとしていた。夕方が過ぎて夜になっても吉田家中がミストサウナのように蒸し蒸しして我慢できない。あれほど逢いたかったネコチャンズがスネのあたりへすり寄ってきただけでムッとした体温が伝わって不快だ。ワイフは、こんな吉田家の劣悪な環境で良く毎日コマゴマとした家事を続けていたと感心する。

ナニもする気にならないままグダグダと半日過ごした。
それでもなんとなく普通に夕食時になったら空腹を感じて冷蔵庫を漁った。
すぐに食べられそうなおかずの残りを見つけてレンジに入れた。
その頃になって、クロがメシの催促でうるさく鳴きはじめた。この蒸し暑さでも何処かへ潜り込んで延々と寝呆けているのに「腹だけは当たり前にへるのだなぁ〜・・」と思っていたら、シロも何処かからさり気なく湧き出てきて、珍しく私の足元へすり寄ってきた。
人間の自分だって半日何もしないでゴロゴロしていたのに腹だけはちゃんと減っている。
猫は人間と比べ物にならないほど正直だから、まぁ、そうやって空腹を訴えてくるくらい元気であるということなのだろう。そう云えば、「猫はねぇ〜、元々砂漠の暑いところで暮らしてたから、そのDNAが残っていて暑さには強いんだって!」などと、ワイフがもっともらしいことを云っていたっけ・・・それも、まんざら嘘でもなさそうだ。

寺の一人飯は特に何も思わないで過ぎるのに、吉田家の一人飯はどこかしら味気ないまま過ぎた。
気づくと知らない間にLINEの着信があった。ワイフはすでに東京へ着いていて、キーポンと焼き肉を食べていた。今夜はキーポン宅で母娘仲良く一緒に寝るらしい。
「きーちゃんがねぇ〜、焼き肉おごってくれたのぉ〜♡!」
電話をしたらワイフは幸せいっぱいそうだった。オヤジとは待遇が真逆に違う・・・
しばらくしてキーポンがトマトの現状をLINEしてきた。緑の実がチラリと見えた。

IMG_0878_201808240939408b0.jpg
IMG_0879_201808240939425df.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/3066-89b4c0bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2018-12