FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

只今帰省中 

2018/08/26
Sun. 23:08

詳しくはわからないが、じゅん君が研修か何かで隠岐の海士町から本土へ帰省中だ。
私の方は、ワイフが夏休みで実家へ帰省中の留守をあずかって、ネコチャンズやグッピーズの世話に吉田家へ帰って通勤坊主に切り替えながら暮らしている。

じゅん君とは、彼が高校を卒業してから今までの10年チョットをだいたい殆ど離れて暮らしているが、その途中、2年位ほど石見銀山に帰ってきて、色々なアルバイトをしながら吉田家で家族と一緒に暮らしていた。あの頃は、まだキーポンもいたし、老犬のシェパ爺もまだ生きていたと思う。
シェパ爺が冬に大往生して、それから数カ月後にじゅん君が手のひらに乗るくらい小さな猫を保護して連れて帰った。その猫がふてぶてしくデブ猫に育った今のクロだ。

例のごとく早朝からメシの催促でそのクロがうるさく鳴きはじめた。
もう少しゆっくりと寝ていたかったが、隣の部屋で寝ているじゅん君は起きる気配もなく、かすかにイビキも聞こえているし、結局、騒がしく鳴き続けるクロに根負けした。
空っぽの猫皿へご飯をよそって、水を足して、そのまま洗い物などをしていたら、あっという間に時間が過ぎて通勤坊主の出勤時間になった。

万善寺へ到着すると、朝の空気がヒンヤリしている。縁側の柱へぶら下がっている温度計は25℃。途中の銀山街道は朝の8時過ぎで温度計がすでに31℃だったから、ずいぶん涼しく感じる。今から半世紀ほど前は、夏の25℃でも暑く感じる方だった。今は連日30℃を越えることが当たり前になった。これでまたあと半世紀ほどすると、地球はいったいどうなっているのだろうと、ひとごとながら心配になって可愛そうになる。
吉田家も、あと20年前後で世代交代を迎える。
ネコチャンズやボクとワイフは、すでにこの世からおさらばしていると思う。グッピーズは、次の世代がうまく養ってくれていれば、水槽の中で限りなく世代交代しながら生き延びているかも知れない。
三人の娘たちはもう石見銀山へ帰ることもないだろう。島根大好き人間のじゅん君が石見銀山の吉田家を拠点に、このままナニカの職業に就いていれば、現在のガタピシ吉田家も、もっと老朽してガタピシになりつつ、それでもなんとか倒れないで維持されているかもしれない。
だいたい今の吉田家の状況だと、将来の予測はまぁこんな感じであるだろう。

吉田家近未来を希望的に展望してみると、何かの仕事が大当たりして、貯蓄も増えて吉田家も改築されてオール電化の暮らしを手に入れたじゅん君が、キレイなよく気の利く嫁さんと、可愛くて頭脳明晰な娘と、かっこよくて優しい息子の4人家族が巨大な水槽で暮らす世代交代して生きながらえているグッピーズと、石見銀山の間歩近くで保護したオスの黒猫と代官所前で保護したメスの白猫と、銀山口公園で捕獲された柴犬系雑種の野良犬を引き取って飼いはじめ、たまに石見銀山観光を兼ねて帰省する3人の妹たち家族を優しく迎えて、裏庭のオリーブの樹の下で仲良くバーベキューを楽しんでいる・・だったりして・・・そういう、絵に描いたような幸せで豊かな暮らしだと安心だけどなぁ・・

IMG_0877_20180827081353981.jpg


[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/3070-5fd85568
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2018-12