FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

行雲流水の暮らし 

2018/09/03
Mon. 23:50

彫刻の業者搬入が始まった。
週末までにどれだけの彫刻が集まるだろう?・・・
1週間集まった彫刻を1日で展示して日曜日から展覧会スタート!
そして、これから行雲流水の暮らし・・・

生来の怠け者で軟弱なボクは、何事にも確固とした信念があるわけでもなく、めさきのことごとくに流されてばかりの毎日を送っているから、特にことさら踏ん張って彫刻展の準備に取り掛かることもなく、時期が来ればそれなりにやらなければいけないことも出来てきて「まぁ、仕方がないからそろそろ動くことにするか・・・」的ノリでフラフラと一つずつ優先順位に沿って用事を片付けることになる。
それで、まずは奥出雲の会場へ出かけて常設の椅子やテーブルを移送する。
奥出雲の観光商業関連施設は月曜日の休館が多くて、彫刻展の会場になる旧ガラス工芸館の隣りにあるたたらと刀剣館もそのひとつ。
会場の鍵の管理をその施設へお願いしてあるから、まずは鍵の受け渡しを具体的に相談しておくことになる。
過去の展覧会実績を元に休館中の事務所でサクッとコトを進めて、善後策を調整した。

こんなゆるい感じで、彫刻展がスタートした。

昨年もそうだったが、台風が近づいている。
なっちゃんが本社出張でその台風と前後して帰ってくる。
押さえておいた2tのアルミレンタカーが台風とぶつかるかも知れないと気をもんだが、夜のうちに日本列島を通過して日本海へ出てしまうらしいので影響も殆ど無いだろうと少し安心・・・
夕方までに展示台の移動も終わらせて台風通過を待つことにした。
吉田家へ帰宅すると、
「なっちゃん明日の飛行機だって・・」
ワイフが夕食の準備をしながら台所から教えてくれた。
関西地域は早々と公共交通機関の運休を告知したが、東京出雲間の飛行機はいつもどおり飛ぶらしい。

帰国したノッチは、時差ボケに苦しみながら就活を進めて、居住地を日本へ戻したり、口座の移動をしたりと、面倒な事務処理をはじめた。
本籍の戸籍証明などの書類を私へ云ってきた。なっちゃんが出張中にそれらを揃えて彼女へ託すことになる。
彫刻展の準備業務の合間を縫って、役場窓口へ出かけることになった。

飯南高原と石見銀山と奥出雲の3箇所を右回りだったり左回りだったりの移動がしばらく続くタイミングを狙ったように台風は来るは燃料は上がるは・・・萬善寺ファンドの乏しい資金で切り盛りしている展覧会へ早々から打撃を受けた。

IMG_0897.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/3078-8529ad32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2018-12