FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

行雲流水ー台風接近 

2018/09/04
Tue. 23:53

石見銀山ー萬善寺が約50km弱
萬善寺ー奥出雲が約50km
奥出雲ー石見銀山が約80km
アップダウントライアングルは、だいたい3分の1がdocomo圏外
Wi-Fi環境脆弱の極み・・・
吉田家へ帰宅したらドッと疲れて、飯くってシャワー浴びてバタンキュー
萬善寺へ帰宅してもドッと疲れて、飯つくってくってシャワー浴びてバタンキュー
奥出雲はパスワードのかかったひ弱なWi-Fiスポットがわずかに1個でボクのiPhone5sが唯一の通信手段
・・・島根県のこんな状況で彫刻展を開催しようとしているワタシは「いったい何を考えて何を目指しているのでしょう?」

台風直前の朝を石見銀山で迎えた。
奥出雲の会場と彫刻業者搬入受け取りは、奥出雲土地っ子O氏に一括してお願いした。
彼は、音楽好きでジャズからクラシックまでライブの企画を奥出雲の各所で廻している文化人だから、彫刻展のことでも我が事のように親身になって手助けしてくれる。
展示台をしまってある場所から、1階のプラットフォームまで一人で3往復した。
倉庫には約2畳の昇降機があって、それがずいぶん役に立つ。
2010年から彫刻展をスタートさせて、もうかなりの回数展示台の上げ下ろしをしている。
多い時は4〜5人くらいのお手伝いが集まったこともあったが、だいたいほとんど一人で移動の作業をしている。
適度な運動をしているつもりで、マイペースに慎重にゆっくりと動いている。
台風接近のこともあるので、プラットフォームの隣りにある1階の部屋へ約60個の展示台を積み上げた。
あとは、2tへ翌朝積み込んで奥出雲へ向かう。会場ではO氏が手伝ってくれて展示台を下ろすことになっている。

お昼ごろから厚い雲が少しずつ下がってきて雨が強くなってきた。
台風が接近しているのだろうが風はそれほどでもない。
近くのコンビニで昼食を買って、夏は海水浴場になる日本海の海岸へ移動した。
昔は、テトラポットが300m沖合に並んでいるだけのなんの変哲も無い海岸だったが、それからしばらくして護岸工事が始まって、海の波打ち際近くまでインターロッキングを敷き詰めて、日除けの東屋も出来て、おしゃれな海水浴場に変わった。
その工事の真っ最中の夏のある日、まだ小学生のキーポンと一緒に石見銀山から里山を抜けて日本海までサイクリングをしたことがある。
その時にワイフのつくってくれたお昼の弁当を開いて食べたのがその東屋だった。
もう、あれから10年は過ぎた。
そんなことを思い出しながらコンビニおにぎりを食べている間に土砂降りになった。
2tを受け取りにレンタカーショップへ向かった時は、雨が小降りに変わっていた。

IMG_3318_20180910155349430.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/3079-1dc652e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2018-12