FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

ボクは逃げない! 

2018/09/29
Sat. 23:14

どうも最近の報道は情報量が多すぎてポイントを一つに絞りきれなくて困る。
台風のことにしても、一つ一つのデータが詳しすぎると云うか、島根県にとっては遥か沖縄の台風通過情報は特に神経質に気にする必要も無いのだが、色々なメディアに同じ動画とか同じ記事が繰り返し登場していて、逆に事態の重要さが希薄に感じられてしまったりするのはボクだけのことなのだろうか??・・・例えば、台風の予報であれば、進路の先々の状況を当該地域限定で予報してもらえるだけで十分だと思うのだが・・・
もうすでに台風が通過した地域の被害情報はその地域にとって重大で重要な情報であるわけで、それぞれの地域の実態に即して取捨選択した情報提供が大事なことだと思う。

その、どうも一つに絞りきれなくてよくわからない台風情報を収集しながら四十九日の法事に出かけた。
飯南高原は雨も風も普通で法事を一つ厳修するには特に大きな支障は何もない。それでも、坊主としては途中で休憩を一つはさみたいところだが、施主さんの意向とかお墓参りの都合を考慮して一つ通しの次第に切り替えた。
MCナシの1時間半ブッ通しソロライブはけっこう体力を消耗する。フラフラになりながらお墓参りまで済ませて萬善寺へ帰宅した時はすでにお昼を少し回っていた。
急いで着物や大衣などをたたんだり洗濯機へ投げ込んだりして昼ごはんも食べないまま銀くんへ飛び乗った。

徳島の野外彫刻展が日曜日からスタートする。
島根からだと瀬戸中央自動車道経由でだいたい4時間とチョットで会場へ到着する。
前夜祭では出品の主だった彫刻家が集まって簡単なパーティーになるから、それを目指して萬善寺を出発した。
途中は台風の影響も無くて、とても楽な移動になった。
高松道を徳島県へ入った頃にはもうすでにパーティーの時間になっていたが、まずは薄暗くなった公園へ回って前に搬入設置した彫刻へパーツの最後の一つを組み入れた。これでやっと今回の野外彫刻が完成した。
搬入してから雨が何度か降った御陰で、彫刻には適度なサビが広がって制作の痕跡が薄らいでいた。
それからあらかじめ案内されていたパーティー会場へ合流したら、ちょうどタイミングがピッタリで私の自己紹介を兼ねた作家挨拶の順番が回ってきた。
なんとも落ち着かない1日になったが、それでも無理をして徳島へ出かけてよかった。

久しぶりに彫刻の会話で盛り上がった。
島根にいるとこういう機会はゼロに近い。
彫刻のことで自分の考えていることや日頃から気になることなど、時々は自分の言葉にして口に出して伝えていくことはとても大事なことだ。それをするから自分の制作の目標も定まるし、制作から楽に逃げることが難しくなる。自分の近い未来を自ら同業へ語ることで自分の彫刻制作を追い込むことになって踏ん張りも効く。
今年の冬の個展も少し宣伝した。これで、個展をキャンセルすることが出来なくなった。

IMG_7112.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/3104-0c87dde4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2018-12