FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

台風の夜 

2018/10/06
Sat. 23:33

日曜日には法事が入っているので、午前中の用事を済ませて、夕方になる前に萬善寺へ向かった。
通勤坊主が復活してから10月に入って最初の単身赴任で寺泊になる。

夏はあれだけ暑かったのに、今はそれが嘘のように秋らしくなってきた。それでも今年は例年になく島根絡みの台風が多くて、秋のこの時期に今度の台風は日本海へ回ってくるという。
朝の用事は江津の方で、その往復には日本海からの強い横風を受けた。
先日の徳島往復で遭遇した台風の瀬戸中央自動車道を走っていた時の海風ほどではなかったが、それでもボクの可愛い銀くんにはかなりのダメージだった。
法事の施主さんは、遠くの親戚や大阪住まいの息子さんのことが気がかりで、直前まで悩んでいらした。
こんどの台風にしても、夏の猛暑にしても、冬の極寒にしても、地球の自然を相手にして人間ごときのチッポケな存在が寄り集まって絞り出した対策の知恵など「たかがせいぜい知れたものだ・・・」といつもそう思う。
いくらドタバタしても、結局はあなた任せで地球の自然に身を委ねるしか無いことだ。
自分にできることがあればできるだけできるかぎりそれをしておくくらいのことしかできないことだ。
我が身の安全を第一に考えて、無理はしないでじっと静かにやり過ごすしかないことだ。

流石に寺の夜は台風通過でかなりうるさかった。
運が悪いと雨戸兼用の窓ガラスが1・2枚割れるかも知れないほどの風だった。
吉田家のワイフも心配だったが、何かあれば連絡してくるだろうし、石見銀山の谷は風当たりの関係でいつも台風通過の被害はそれほどでもない。むしろ、工場の方が心配で鉄板がどこかへ飛んでいっているかもしれない。週が変わったら彫刻制作を再開するつもりだ。何も被害がなければ助かるがどうだろう?
萬善寺に居て「いちいち工場や彫刻のことを気にしてばかりいてもしょうがないから」と、気持ちを切り替えて寝ようと思うのだが、なかなか寝付けない。

眠れないまま吉田家のSNSを確認したらワイフとノッチが会話をしていた。
ノッチは、帰国して1ヶ月が過ぎてアパートも探して引っ越しも終わって少し落ち着いたようだ。
今は、仲の良い友人と連絡を取り合いながら「スキルアップの充電中なの!」と本人はニート暮らしを謳歌している。
NYで再会した昔のバイト時代の男友達が「暇してるんだったら遊びにこない?」と誘ってくれたから、今度1週間ばかりアメリカへ行くのだそうだ。
彼女にとっては、オヤジが仕事で東京を往復するくらいの感覚なのだろう。そういうノッチらしいアクティブな気楽さが気持ちいい。
ノッチがその「彼のことを好きなのかもしれない♡!」とか、「彼がノッチのことを好きなのかも??」とか、ワイフは一人で勝手にアレコレ妄想中のようだが・・・

IMG_0927_20181025143406931.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/3111-899935a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2018-12