FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

夫婦の距離 

2018/10/15
Mon. 23:49

午前中からいくつかの用事を済ませて、少し早めに石見銀山を出発した。
出雲市から高速バスに乗ると、翌朝には東京へ着いてそのまま1日中仕事ができる。
飛行機や新幹線の交通手段もあるが、どうやって都合をつけても前後2日間が往復の移動日になってもったいない。
いいかげんジジイに近いオヤジとしては、睡眠不足になるし身体は固まって動きが鈍くなるし足は浮腫むし、たいして良いこともないのだが、とにかく、窮屈で余裕がないスケジュールをさり気なく消化するには高速バスが最高の移動手段になる。

出雲市までは私がワイフの愛車を運転した。
久しぶりにオートマチック車へ乗ったから、気がつけば左足のもっていく場所を探してしまっていたりして、慣れるまで少し時間がかかった。
バスの移動日が決まっていたので、その後に入った用事はすべてキャンセルして半日ほど空けておいた.。それで時間にも気持ちにもずいぶんゆとりができた。
こういうこともめったにないから、ワイフを誘って映画を見た。
映画館はもう20〜30年は遠ざかっていた。
映画そのものはとても好きなので、ホームシアターでHuluとかAmazonプレミアムとか、色々な手段を使って関係を切らないようにしていたが、今は夫婦割引やシニア料金など色々な特典が利用できるようになったので、時々夫婦で映画を見て食事をして、家庭内別居やオヤジの単身赴任などで疎遠になっていた夫婦の距離を修復する手段に重宝している。

「日々是好日」が封切りされていた。
樹木希林さんの事もあって話題になっていたから、きっと満席に近いかもしれないとビクビクしながら映画館のエスカレーターを登ってみると、人影もまばらで、難なくチケットが購入できた。
場内は我々も含めて10人もいるだろうか?・・・
お陰様で、ノンビリとマイペースに映画へ集中することができた。
「日々是好日って、あぁ云うことだったのね・・・なんとなくどんな意味かわかったような気がしたわ・・」
観終わって、夕食の時にワイフが感想を喋った。
私は、萬善寺の庫裏のひと部屋にある額を子供の時からみていて、中学生になった前後に崩しきった額の漢字が何となく読めるようになって、高校を卒業する頃にそれが禅語の一つだとわかって、それから半世紀が過ぎる間に、何時の頃からか自然にその意味が頭にはいる・・というより気持ちに馴染んで、特に忘れることもなく、気がつけば時々折々にフッと思い出すことを何度も繰り返しながら今に至って、そして、映画の日々是好日を観ることになった・・・という次第。
まぁ、端くれ坊主の自分が云うことでもないと思うが、坊主的にみると「少し説教臭いかな?」と思わないわけでもなかった。それでも、時間の流れがゆったりとしていて、昭和の香りが漂ってくるようなとても味わい深くて良い映画だった。日々是好日の意味を知らないひとが観ると「また違った印象になるのだろう?」・・そういう映画だった。

IMG_3556.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/3120-f1acaf8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2018-12