FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

冬のネコチャンズ 

2019/01/11
Fri. 23:58

不摂生の徹夜をしたおかげでお昼すぎには郵便局へ行くことが出来た。
週末ギリギリの滑り込みセーフになった。
ワイフが三度の食事を世話してくれなかったら、週末の発送が間に合わなかっただろう。
そのワイフは、昼食を食べたら直ぐに仕事へ出かけた。
彼女はフリースクールの非常勤もしていて、なかなか学校へ行けない子供たちの話し相手になっている。
自分では「特にこれといって何するわけでもないけどね」といっているが、それなりに気疲れもあるだろうし、普通に簡単に引き受けられる仕事でもない気がする。

郵便局から直接万善寺へ向かって、まだ日のあるうちに寺へ着いた。
昨年の強烈寒波が嘘のように穏やかな毎日が続いている。それでも日本海側の気候だから曇りがちではある。その雲の御蔭で気温がそれほど下がらないから都合がいい。
寒雀の群れが庫裏の西側へ集まって賑やかに鳴き騒いでいる。
吉田家のデスクワークでしばらく寺を留守にしていたから、古古米を食べ尽くしてしまったのだろう。
とにかく、不摂生でかなり体力が消耗した。雀に古古米を補充して、それから風呂へお湯を入れた。湯船に浸かると一気に睡魔が襲ってきて、ウトウト寝てしまった。
ゆっくりと時間をかけて温まったので、少し身体が楽になった。
ワイフが仕事で出かける前に夕ご飯用のおかずなどを用意してくれたので、それをレンジでチンしたりお湯を沸かしてインスタントのスープをつくったりして早めの夕食にした。
台所を即席の壁で半分に仕切った寝室へ移動してベッドへ横になって、すぐ隣のテーブルに置いてある寺の寺務用デスクトップを起動した。
連休の最終日に保賀のとんど祭りがあるから、その準備に過去データを探し始めたところまでは思えているが、その途中でいつの間にか寝てしまったらしい。
気がつくと4時間位寝てしまっていて、その間に珍しくワイフから幾つか電話が入っていた。もう夜が遅いし、朝になってから返信の電話をすることにした。

今頃、ネコチャンズはどうしているだろう?
こんどのことで吉田家へ帰った時は、何年か前に鉄板の廃材で造ったネコチャンズチェアーで仲良くくつろいでいた。冬の間はストーブの近くへ移動しておく鉄板製のネコチャンズチェアーは、ストーブの放熱で椅子全体が少しずつ温まってネコチャンズの絶好の居場所になる。夏は夏で、鉄板のヒンヤリとした冷たさが気持ちよくてネコチャンズの絶え間ない椅子取りバトルが繰り返されているが、冬はお互い身体を寄せ合って体温を共有しておいたほうが良いらしく、気がつくと仲良く抱き合っていたりする。
「あの子達、あなたがいないと2匹とも私にベッタリくっついてなかなか眠れないのよ」
シロはワイフの布団へ潜り込んで、クロは布団の上からワイフの上へ乗ってくるのだそうだ。夏の間は涼しい場所を見つけてそれぞれ好きなところで寝ているのに気温の変化に敏感というか正直というか・・・とにかく、いずれにしてもワイフは彼らのおかげで何かと癒やされているようだ。私が留守にしても全然平気らしい・・・嬉々としてネコチャンズ事情を語るワイフを見ると、ボクはちょっと寂しいな・・・

IMG_0964_20190113205906b04.jpg
IMG_3667.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/3177-b2085025
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2019-02