FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

立春の朝 

2019/02/04
Mon. 23:54

吉田家の豆まきがあるので、日が暮れるまでに石見銀山へ帰った。
駐車場へ銀くんを停めた時は、いつもと変わりなく町並みは静まりかえって、ほの暗い外灯の灯りだけが夜露に滲んで瞬いていた。
この時期は寒の戻りの節分寒波の影響でだいたい雪が降ったり積もったりするのだが、今年は雪の欠片もなく晴れ渡っている。
こういう状態だと、空が高くなって放射冷却が激しい。少し雪が降って雲が下がっているくらいがかえって夜の冷え込みもゆるくてすごしやすかったりする。

ワイフが風呂を用意してくれていた。
ゆっくりと温まってから、恒例の豆撒きをした。
子供がいる時は、吉田家の内外まんべんなく大量の豆を撒き散らしていたが、今は夫婦とネコチャンズだけなので、あとの掃除のことも考えてひとつまみずつパラパラとまく程度に自粛している。それでも、どこかしらケチくさい感じにならないように声だけは威勢よく張り上げて豆の少なさをごまかしておいた。
ワイフが其処此処の障子や戸口や窓を開けて、私が豆撒きの係。
クロがすきを狙って脱走しようとしばらく豆撒きについて歩いていたが、途中で諦めて何処かへ消えていった。
夕食には、ワイフ手造りの太巻きが出た。
久しぶりだったからとても美味しかった。
「この程度で良かったら、お正月の年始もこんな感じでつくってもいいわねぇ〜」
いつもは、寺の近くの三日市にある仕出し屋さんへお檀家さんの年始会用に太巻きを注文している。ワイフはおでんをつくって振舞っているのだが、それに太巻きが加わると正月早々仕事が増えるし、それに仕出し屋さんとのお付き合いも大事だから「そこまで無理はしなくていいよ」とさりげなくことわっておいた。

茅場町の会社勤めをするようになったノッチが、最近はお弁当を手作りしている。
日曜日に1週間分の料理をまとめて作り置きして、ソレを朝昼晩上手に消費しながら自炊生活をしている。いつまで続くかわからないが、今の所三日坊主で終わることにはなっていないようだ。ワイフの手料理はどこに出してもおかしくないと自慢できる。ノッチもお母さんの娘だから「ヤレバデキル!」素質がある。けっこう不摂生もしているようだが、それなりに健康志向でもあるみたいだし、シッカリした大人になってくれた。

万善寺のことも少し落ち着いたし、これからしばらくは石見銀山の吉田家を拠点にして、時々必要に応じて通勤坊主をしながら彫刻の制作へ気持ちを切り替えようと思っている。
これからさき、雪がひどく降らないまま少しずつ春になってくれると良いのだが、島根の方は2月が本格的な雪のシーズンでもあるから予断は許されない。もうしばらくは気持ちが緩まないように気を使いながら生活しよう。
「お隣さんも豆まきしたみたいよ。道で豆がいっぱい潰れてるぅ〜〜」
新聞を取りに行ったワイフが、玄関先で教えてくれた。隣はまだ子供も小さいし、誰かが鬼になったのかなぁ〜?・・・さて、立春大吉のおふだ張り出さなきゃぁ〜・・・

IMG_0977_20190218115505e5d.jpg
IMG_0979.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/3202-202443c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-05