FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

平成最後の・・・ 

2019/03/24
Sun. 23:23

毎年変わる万善寺初午の日が今年はちょうど3月10日の日曜日に重なった。
約10日後には春分の日が巡ってきて春彼岸の法要になる。
こういう、日が近い休日や祭日と法要が重なってしまうと、万善寺の場合はお参りが確実に半減する。
「たまの休みにはゆっくりとしていたい」
「休みに合わせて家族の予定が入っている」
「10日も経たない間に2回もお参りするのは少々面倒だ」
「日が近いからお参りはどちらか一つで済ませてしまおう」
「雨でも降ったら出かけるのも面倒だからお参りはやめよう」
「せっかくの休日でいい天気だったりするとお寺参りで1日潰すのももったいない」
「家族がみんな出かけてお寺参りの足がないからお休みしよう」
・・・などなど、さまざまな事情でお寺参りの行事が次々と後に回って、やがてそのうち「まぁ、今年もいろいろとあるから寺参りはやめよう!」ということになって、万善寺としては在家坊主の生活の糧であるところの布施収入が目減りして年々暮らしが厳しくなっていくという悪循環が繰り返されているという実態が浮き彫りになる。

だいたいの予測は大きく外れることもなく当たる確率だけが虚しく引き上げられている今日このごろであるが、特にだからといって恒例の年中行事で現在まで継続している万善寺の春の法要を「お参りが少ないから」という理由だけで廃止しようとは考えていない。
そもそも、法要厳修の意味とお参りの数とはまったく目的の違うことであって連動の接点を無理強いして行事廃止を正当化しようとすることもおかしなことだ。それはソレでこれはコレと気持ちを分けて乗り切らなければ「ボクの坊主としてのプライドが許さない!!」・・・のだ!・・・などと、一見かっこよさげに思ってはみるものの、こういうささやかな年中行事をとりおこなうにあたっては、どうしてもワイフの助けなしでは乗り切れないところもあって、むしろそちらの方が弱小運営の山寺末寺としては気がかりなことで申し訳ない気持ちにもなって素直に晴れ晴れとなれないところでもある。

10日の初午祭は、お寺の近所の保賀集落を中心にお参りがあった。1年に1回だけの法要だが、毎年お参りされるメンバーはだいたい決まっているから、お茶席のお茶口も毎年同じものというわけにいかなくてワイフが悩む。定番をいくつか用意して、あとはその時々の旬のものをからめる。今まではこの数年りんごのケーキが定番になっていたが、今年はそれがさつまいものケーキに変わった。吉田家では数日前から何度か試作が繰り返されてその都度味見が待っていた。糖尿病予備群としては、酒を飲みながら甘いものを食べるというのも若干罪の意識を感じるし、ドキドキしながらワイフの努力に付き合った。
まぁ、そんなふうな様子が春彼岸の法要まで続いた。
2つ続いた法要は、当初の予想通りお参りが減った。

昼過ぎに東京のぐっちゃんから写真付きのSNSが入った。上野都美術館で春季展の展示が終わったところだ。直前まで自分も陳列に行くことになっていたのだが、急きょ予定が変わった。それで、平成最後の上野の花見はできなくなった。

IMG_3825.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/3213-f690303e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2019-11