FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

レンゲの咲く頃 

2019/04/04
Thu. 23:11

3月いっぱいで吉田正純鉄の彫刻展が終わった。
会場提供でもお世話になっている主催の担当さんから、その後の彫刻撤収や移動のことで連絡が入るだろうと待っていたのだが、その気配がない。
手術が決まって入院の日程もハッキリしたから、彫刻移動はそれまでに済ませておかないとアチコチに迷惑をかけてしまう。今の吉田はいつもの吉田のようにだいたい暇に過ごしている状態でなくなっているから、主催者の都合を「のんびりと待ち続けるわけにもいかないだろう」と、会社の朝礼が終わった頃を見計らって遠慮がちに連絡を入れてみた。
担当さんとは、まだ、3月のうちに立ち話程度のザックリとした話はできていたから、ソレをベースに少しは具体的なことになっているだろうと思っていたら、当の担当さんが別の用事で出張中だったりと、どうもそうでもない様子。
吉田正純鉄の彫刻展撤収計画は何の進展もないまま停滞状態であることがわかった。

「このままだと、ドタバタの面倒なことになりそうだな・・」と、思い切って奥の手を使うことにした。
正式な役職はよく知らないが、まだ現役を引退したという話を聞かないからたぶん現在も会社役員会長職にあるのだろう、創業者本人とはもう30年以上の飲み友達。おたがい、この歳になるまでよく肝臓が保っているものだ。昔は当時流行していた「田舎町の活性化」を酒の肴にして、それこそ毎晩のように飲み明かしていた。そのうち、それぞれの目指す先で時間の融通がつきにくくなって、しだいに疎遠になったが、それでも1年に2~3回は一緒に飲む機会もあって、それなりお互い年齢相応に丸くなってきてはいるものの、そこそこハードなネタを酒の肴で振りあっている。そういう関係だから、まずは彼に話を通すとだいたい一両日中にコトが進展して目先の問題がいっきに解決する。
吉田としては、最終兵器の彼を持ち出すまでに現場の事情に沿って穏便にコトを進めたい気持ちでいるものの、なかなか現実に具体的な事情をやりくりするには理想論だけで済まされないところもある・・・と、いうわけで「どうしようか??手術もきまったし・・」と、相談を持ちかけてから30分もしないで会社の総務部長自ら連絡が入った。

彫刻移動の日時が決まって、朝から準備を進めて、待ち合わせの場所へ行ってみると、会社の若手が4人も集まって準備万端。アッという間にあらかじめ打ち合わせの通り予定していた撤収と移動作業すべてが終了した。これから先の予定としては、一連の大きな彫刻は、レンゲが満開になって田起こしが始まるギリギリまでそのままにしておいて、春の観光さんたちに楽しんでもらうことにした。10点のこぶりな彫刻は、石見銀山の町並みに面した古民家オープンスペースへ展示替えをして、しばらくのあいだ常設展示に切り替えることになった。他は吉田家前などアチコチへ移動して、その後の調整は、退院できて身体がソコソコ動いていたら、その時の状況に応じて考えようということになっている。

だいたいが一人でやりくりしていると、さりげなく力関係や利害関係が絡む状況下で、ひとが動くというかひとを動かすというか、そういうコトがとても気重に感じる。やっぱり、なにごとも終始ひとりでコトに当たるほうが気楽でいられる。
さて、手術からあとは自分の身体状況がどのように変化しているのだろう?
もっともっと今以上に色々なひとの手助けに頼ることになるのだろうなぁ~~きっと・・

IMG_6788.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/3218-1465ff5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2019-08