FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

サッパリ! 

2019/05/30
Thu. 15:18

手術から7回目の日曜日が過ぎた。
入院してから5週目に退院できた。
それから1週間かけて自宅近所にある内科へ通院した。
2箇所目の内科が終わったのが今からちょうど1週間前。
先週末は隣町のお寺で大般若経転読会へ手間替え随喜。
今週末は臨済宗のお寺で大般若経転読会があって手間替え随喜。
病院ごとで明け暮れた1ヶ月少々は、振り返るとアッという間に過ぎた感じだが、その後の1週間は入院中のシワ寄せで一瞬で過ぎた。1ヶ月検診の通院で経過が良ければ首のサポーター装具がとれる。
「装具を外すのはお風呂だけですよ。あとは寝るときくらいは良いですが、あまり勧めません。検診までは自己判断で勝手に取り外したりしないようにしてください・・いいですね!わかりましたね!!」
「・・・・」
伸びた頭髪を早く散髪したくてウズウズしていたが、その是非を問うこともはばかられて装具付きの首を申し訳程度に縦に振ってうなずくしかなかった・・・
「あのドクター、ドSですね・・・」
退院前の診察が終わってから馴染みの看護師さんへポロリと愚痴ったら、ニヤリと笑って
「そぉ〜ですかぁ〜、(ド!)が付きますかねぇ〜、どちらかといえば(S)だとは思いますけど・・」
退院の説明をしながら小声でそう言っていた。
どうもあのドクターさん、患者Y(ボクのこと)とは、上手くソリが合わないふうだ。

退院の当日はワイフが勤務先から直行してくれた。
ボクの相棒の銀くんは入院中吉田家前の駐車場でピクリとも動いていない。首の装具のこともあるし、退院してもしばらくは専属ドライバーのワイフだけが頼りだ。
吉田家に落ち着くと、日常の暮らしへ自分の勘が戻るまでかなり戸惑った。部屋の出入りや風呂トイレなど、病院と勝手が違って自分の周囲は障害ばかりだ。
溜まった郵便物や書類の整理など何かと気になることが山積しているので、まずはソレを片付けようと思っていたのだが、なかなか身体が思うように動かない。30分も起き上がっていると、肩から背中にかけてズシッと重くなってしまう。半日も起きていられないコトが2日ほど続いていたが、駐車場の銀くんも気になるし、まともにミッションを動かせるか心配だしするから、3日目の朝になって、これでもかと云うほど慎重に安全運転で万善寺へ向かった。
庫裏から本堂にかけてひんやりとした空気が淀んでいたので、すぐに換気した。
コーヒーを飲んで少し落ち着くと、伸びた頭髪が気になってたまらなくなった。一瞬ドクターの怖い顔が脳裏をかすめたが、散髪の誘惑に負けて近所の床屋へ予約した。
「ハイ!何時でもいいですよぉ〜・・お昼すぎにしましょぉ〜かぁ〜!」
その床屋は美容院も兼ねていて、万善寺の老夫婦が送迎付きでお世話になっていた。
バリカンをあて、カミソリで頭からひげまでまんべんなく剃り上げて約1時間半。
「あらまぁ〜!じょぉ〜ずぅ〜〜!傷口とってもキレイ!」
その間、首の装具は取り外したままだった。
ボクのコーヒー好きを知っているから、終わってコーヒーまでごちそうになって、おまけに、床屋代は病気見舞いに変わった。

IMG_0030_2019053015151821e.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/3227-6ed318c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2019-07