FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

祭りの夜 

2019/07/07
Sun. 23:57

夕方から飯南高原の赤名半夏祭りへでかけた。

赤名は広島県との県境に近い町で、新築された飯南町の役場があって一応は行政の中心になっているのだろう・・が、人口減少が加速していて町並みの町家は空き家も多い。
そういう、南北に伸びる町並みのほぼ中央に昔の国鉄バスの事務所や整備駐車場跡があって、半夏祭りの時はそこへ特設ステージが作られる。ステージでは、夕方から深夜まで色々な芸能の出し物が開催されていて、無料で鑑賞できる。おおとりは毎年お笑い芸人のステージが30分位行われ、今年はサンシャイン池崎のステージだった。

約2km続く赤名の町並みは祭りの間歩行者天国になって左右の軒先へ屋台が並ぶ。
農協スーパーの事務所前には今年も同窓会でよく開場に使う居酒屋が出張してモツ煮込みの出店を作っていた。
夕方日が暮れる頃から花火が上がる。
吉田家は、子供がまだ小さい頃から何度も見物に出かけているから、だいたい絶景の見物場所を心得ていて、今度も、ワイフが良い場所をおさえてくれた。
飯南町は和牛の産地でもあるから、モツ煮込みもなかなか美味い。他にも幾つかおつまみを買って、生ビールをチビチビやりながら約1時間ほど打ち上げ花火の見物をした。
梅雨のこの時期の祭りは、どうしても雨が多い。数年前には、ひどい土砂降りで花火が中止になったし、また別の年には低く降りた山の雲が切れなくて、打ち上げ花火をぜんぜん見ることが出来ないまま早々と途中で中止されたこともあった。まぁ、いろいろリスクは避けられない時期でもあるが、それでも昔から七夕もかねた半夏祭りが続いている。

赤名は広島方面から出雲大社へ続く参詣道の宿場町でもあったし、石見銀山から尾道の港まで陸路で銀を運ぶ銀山街道の中継地でもあった。
戦国の頃は広島の毛利軍と広瀬の尼子軍の領地拡大と石見銀山をめぐる攻防戦が続いた。
赤名の町を流れる赤名川は戦で流された血で真っ赤に染まったという。水量はそれほど多くないが、中国山地で貯水された水が絶え間なく湧き出して高原の水田を賄うほどの水量は十分に確保される。この赤名川は、幾つかの支流が合流しながら少しずつ大きくなって神戸川になって出雲大社近くの日本海へそそぐ。
瀬戸内方面から出雲大社への参詣者はこの川に沿って付かず離れず続く道を逸れなければ、必ずいずれは出雲大社へたどり着くことができるというわけで、とても重要な参詣街道になっていた。
万善寺も、その参詣街道からほど近いところにある。
飯南高原には歴史上のいろいろないいつたえや遺跡がアチコチに残っていて、古くから出雲の国にとっては霊山や聖域として重要視されていたようだ。そういう、古い土地で半夏祭りも昔から大事にされてきたのだと思う。

久しぶりに、夫婦水入らずで花火も楽しめて良かった。
そういえば・・・ワイフはあちこちで知り合いに出会って世間話をしていたのに、ボクは地元の同級生を全く見なかったし知り合いにも出会わなかった。なにか不思議だ・・・

IMG_0090.jpg
IMG_0093_201907091558337de.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/3245-86b3d965
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2019-09