FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

コチョウランとレンゲ 

2019/07/09
Tue. 23:46

この数日は梅雨も小康状態だが、所によっては局地的に激しいスコールが降っていてホコリまみれの銀くんを都合よく洗車してくれる。
ガソリンスタンドへついた頃には、スコールのおかげでソコソコキレイになっていたから、燃料を満タンにしてからスタンドに置いてあるセルフのタオル雑巾で窓ガラスだけ念入りに拭いておいた。

吉田家前の駐車場には、既にワイフの車が停めてあった。
玄関を開けてもクロは出迎えてくれない。
ワイフが先に帰った時は彼女のお出迎えで満足するらしく、だいたいオヤジの帰宅は無視される。彼女は毎日猫たちのご飯やトイレの世話をしているからあつい信頼関係で意思の疎通が出来ているのだろう。吉田家のネコチャンズは実に正直者だ。

右手のシビレがひどいから夕食ができるまでの間、ロフトに上がって少し休むことにした。iPad miniを開いたら大量のLINE着信があった。ほとんどがなっちゃん絡みでユーシン君の写真が可愛い。もう2ヶ月を過ぎた。自分の子供達のことは記憶も薄れて成長の様子がなかなか思い出せない。首が座るとダッコが楽になると思うが、そうすると寝返りを始めたりいろいろ動きはじめて目が離せなくなる・・・そろそろそういう時期になっているのかもしれない。

東京在住の彫刻家Oさんから、日本橋三越で個展をしている本多さんの会場風景が届いていた。
照明が絞られて落ち着きのある会場へ展示された本多さんのテラコッタが素敵だ。
現代の具象彫刻家の王道を行く作風はさすがだ。
近年の彼の一連の作品群は表現のテーマが一貫している。見た目の優しさとかフォルムの美しさとか、そういう表面的な造形美に流されない、表現の品と芯の強さを感じる。
同じ彫刻家として40年近く制作を続けていると、プロフェショナルの彫刻家の力量は小品を見ればだいたいわかるような気がする。彼の彫刻には日本橋三越の画廊ギャラリーやコチョウランがよく似合う。

「ごはんよぉ〜〜」
夕食の支度が出来たらしい。ワイフの声で本多さんの世界から現実に帰った。
コンニャクとモツの煮込みが美味い。
アスパラの豚バラ巻き炒めには麦とホップがよく合う。
日本橋三越に吉田の彫刻は200%そぐわないナ!
吉田の個展にコチョウランはありえないナ!
まぁ、自分の彫刻と制作の立場をあぁいう世界と比べるということそのものが無意味なことだけど、コンニャク食べながらそんな妄想をしていることがなんとなく面白くてニヤケてしまった。
「あんた、そんなにコンニャク好きだったの?JAのモツが上等だったからじゃない?」
ボクの彫刻にはピーピー豆やレンゲが妥当だな・・・莫妄想!

IMG_0028.jpg
IMG_0029.jpg

[edit]

CM: 1
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

Sさんが撮った富山の写真みました。
主役は草や虫のようで
作品の錆も草もノビノビ育って
バッタが作品を足蹴してますね笑
てんとう虫も作品の先まで登って飛んでいくのかな、と想像しました😺プィーン

オーイくぼぐっちゃん #- | URL | 2019/07/23 00:47 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/3247-6ae6e9f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2019-12