FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

言い次 

2019/07/25
Thu. 23:15

島根県の梅雨明けはまだのはずなのに、琴引山から雲が切れて青空がチラチラと覗き始めたら、一気に蒸し暑くなった。
飯南高原は「もう梅雨明けと云ってもいいだろう」と勝手に自分でそう決めた。

いつものように寺の朝の用事を一通りすませてコーヒーを入れていたら保賀の班長さんから電話が入った。
「うっかりしとりましたが、今度の日曜日は草刈りの日になっとりますけぇ〜。都合がつくようならでてくださいやぁ〜・・・朝の7時半に会館へ集合ということですけぇ〜」
そういえば、2・3日前に班長さんからの着信があった。丁度その時はすぐに電話へ出られなかったから後でかけ直したのだが、今度は班長さんの方が電話へ出なくてそれっきりになっていた。急ぎの用事なら返信があるだろうとそのままにしておいたのだが、きっと草刈りの言い次だったのだろう。

電話帳へ載っている万善寺の電話番号は、もう10年近く前からFAX専用にして電話回線から電話機を取り外してしまった。
理由は2つあって、まだ健在だった両親の電話番に少しずつ不具合が生じてきたことと、迷惑電話や詐欺電話が激増したこと。
当初、両親とも自分ではまだ昔のようにシッカリと電話番の寺務が出来ていると確信しているふうだったが、住職業を引き継いだ自分としては寺務に限らず自治会の付き合いの細かなことまでコトの整合性をいちいち確認しながら二度手間を繰り返すことが増えてきて、これではそのうち必ず「アチコチへ迷惑をかける事になるから」と事あるごとに「電話に出なくてもいいからね・・」とヤンワリ云い続けていたのだが、なかなかすぐに納得してもらえないまま時が過ぎ・・・その間に幾つかの失敗もあり、しかし両親ともソレが自分のせいであることを認めること無く、何かしらアレコレ言い訳をしてくるし、やがてソレが頻繁になり、電話の相手も何気なく「アレッ?チョットオカシイぞ??」と気づき始め、そのうちダイレクトに私宛に連絡が来るようになり「ヤレヤレ少し楽になった・・」と思っていたら、今度はサプリメントだとか羽毛布団だとか健康食品だとか、そういうタグイの迷惑電話がかかってきて、延々とその悪質業者の話を聞いてそのうち質問やらしはじめて会話が終わらなくなって、気がつくと私のことやワイフの話まで始まったりしてマンマと業者の術中へハマって個人情報を垂れ流していたりするものだから「コレはもう限界だ!」と途中から会話好きの母親の手から電話をもぎ取って悪質業者の「住所と電話番号を教えてもらえますか?チョット母親と相談して改めてこちらから電話させてもらいますから・・」などと切り返すと、途端に電話口の態度が急変して向こうからプツンと電話を切る・・・というようなことも数回あって、それにもっと明らかに「怪しいぞ!」と分かる悪質詐欺電話も増えてきたから、それでFAX専用にした。

世の中が便利になることは、ソレはソレで良いこともたくさんあるだろうが、世間の進化のスピードについていけないでよく実態を把握できないままなんとなくその場のノリでわかったつもりでいたりするようなことが度重なると、そのうち自分の許容を超えて収集がつかなくなる。ボクもそろそろ時代の先進に取り残され始めているかもしれないなぁ〜

IMG_0199_201907301115580e3.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/3263-b8bb361c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2019-11