FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

家族の距離 

2019/07/27
Sat. 23:36

娘たちから相次いで近況報告があった。
最近は、離散した家族のコミュニケーション手段もずいぶんとハードルが下がって、すぐ隣近所に住み暮らしているような気になってしまう。
ボクを中心にして距離の近い順から云うと・・・←なっちゃん←キーポン←ワイフ←ノッチ←←←じゅん君・・・という感じだろうか・・・

なっちゃんは、4月に長男が生まれて子育て真っ最中!
息子の毎日の成長の変化が楽しくてしょうがないようで、育児ノイローゼとは無縁の日々をマメに家族LINEへ更新し続けている。
ユーシン君も最近は寝返りをするようになって、だんだん上手にできるようになってきたから、動画を公開することが増えてきた。

キーポンは、保育園の担任をしていて、今のクラスや昨年のクラスの子供達の様子をマメに報告してくれる。
毎日預かっている子供たちのご飯やお昼寝にお散歩やウンコシッコの世話までしていると、何かと大変ではあるだろうがその分「情」が移って可愛くて仕方がないようだ。
その日に面白いことや楽しいネタがあると、1日の仕事が終わって最寄り駅で下車してから帰宅する10分間を使ってお父さんへLINE電話してくれる。

現在石見銀山で二人暮らしのワイフとは、通勤坊主で帰宅する度にそれなりに当たり障りのない会話をしているつもりだが、それでも1日のうちに彼女と同じ時間を過ごしているのは夕食前後のせいぜい2〜3時間程度のことだと思う。
万善寺の経営維持管理を私一人でするようになってからは、石見銀山のことすべてをワイフへ任せてしまっている。彼女は特に表面上嫌がりもせずにそれらを引き受けてくれていて、地域の信頼も厚く、名刺にすると片面だけでは足らないほどのいろいろな役職を一人でこなしている。東京出身の彼女がここまで島根に根付いているということはすごいことだと思う。

マイペースに暮らしているノッチは、それなりにお父さんとの距離も離れている。だからといって疎遠であるわけでもなく、適度に情報を流してくれているし、ある意味で絶妙な距離感が維持できている。
さいきんは、80歳を越えて一人暮らしの怜子おばあちゃんに付き合ってくれていて、一緒にジム通いもしているようだ。
彼女の人生で4年位は国外で暮らしているし、私など足元にも及ばないほど社会の事情をわきまえてクールに乗り切っている。これで、男運が良くなれば幸せな人生を送れるだろうけど、そればかりは本人のめぐり合わせでもあるからオヤジは静観するしかない。

長かった隠岐の暮らしが終わって、この春から本土に帰ったじゅん君は、距離から云うと吉田家の一番近くで暮らしている。それでも、会話というか意思の疎通というか、そのあたりのことになるとオヤジとの距離は遠い。まぁ、ボクも昔はそうだったけどね・・・

ユーシン君の足
IMG_0201_20190802143803ebe.jpg
キーポンとユーシン君
IMG_0031_20190802143802b9b.jpg
ノッチは沖縄を満喫
IMG_0030_201908021438018aa.jpg
怜子さんとジム帰りにお祭り見物
IMG_0200_20190802144047f7f.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/3265-17a2f1e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2019-12