FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

万善寺夏の大イベント 

2019/08/19
Mon. 13:46

万善寺夏の大イベント施食会法要が盛況??のうちに終わった。

午後の2時から施食会がスタートして、終了後塔婆回向をして、約1時間半で法要のすべてが終わる。
ワイフは珍しく前日の夕方に万善寺入りしてくれた。
私の方は、右の首筋から指先まで重くズシリとシビレていて、塔婆を書くのが実に辛かった。
荘厳などの準備は、ジュンくんが半日ほど手伝ってくれて、保賀の檀家さんから紀ちゃんが手伝ってくれた。
棚経の方は15日で前半が無事に終了したのだが、そのあいだの疲労が少しずつ蓄積して庫裏の整頓と本堂の荘厳準備は身体が思うように動かなくてどうなることかと悲壮感も漂い始めていた状態だったから、二人のお手伝いは何よりありがたいことだった。
8月後半になってこれからしばらくは、地域や個人の施主家へでかけて色々な仏様や古墓の供養法要が続く。
荘厳の片付けは、その合間を縫って少しずつ無理のないようにゆっくりと時間をかけて終わらせるつもりだ。

とにかく、年金暮らしが本格的になるのを待っていたように体力がガクリと減退した。
昨年もそれなりに厳しいお盆ではあったが、まだそれなりに一切合切一人で切り盛りできていた。
今年はとても昨年までのようにいきそうもなくて、法要の直前まで途方に暮れた。それでも本番当日をむかえてしまうと、まぁ、それなりになんとかなってしまった。
今までのコトを思うと、寺の彼方此方で見苦しい様子がさらされてしまってはいるが、それはそれで、自分が今できることを精一杯やり遂げた結果だから、それなりに納得は出来ているつもりだ。

ワイフは、法要が終わって後片付けが一段落したところで石見銀山の吉田家へ帰った。
手間替え随喜の方丈さまがたの湯茶などの接待を、ワイフが一人で相手してくれている。
私の方は本堂のアレコレを一人で切り盛りして、その間に法要の導師をつとめている。
方丈さまがたは総勢5人。今年お参りの檀信徒のみなさまは16人で、ことづけが7軒。
なにかと気を使うことばかりだが、総勢20人を相手なら、ワイフと二人で半日くらいはなんとか乗り切ることは出来る。
今更ながらにソコソコよくやっている方だと自分では思っているし、ワイフの働きには頭が下がる。

梅雨が終わってから連日猛暑が続き、先日は島根県を縦断するように大型台風が来た。
田んぼのコメはいつもよりずいぶん早く花が咲いて穂が出て、今はそろそろ穂先が垂れ始めている。万善寺の古古米を食べに来ていたスズメたちが台風に合わせたようにパッタリと来なくなった。アイツラもコメの穂が実り始めたことをよく知っている。不味い古々米より瑞々しく実りはじめの新米が美味いに決まっている。

IMG_0252_20190819134516b18.jpg
IMG_0257.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/3270-c64ff0c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2019-09