FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

飯南高原の夜 

2019/08/23
Fri. 09:04

万善寺の施食会が終わると、飯南高原に点在する諸仏や古墓の供養法要が続く。
どの法要もほとんどが夕方から夜にかけてはじまる夜法要になる。
夜の法要は、それなりにそれなりの意味があってのことなのだが、そのあたりのことをくどくどと語り始めても興味のない人には面倒臭いだけのことだろうからやめるが、昔々は夜の仏事もけっこう多かったということだ。万善寺も、現住職が小僧時代は夜の法要後に盆踊りがあって、狭い境内には屋台も出て、ソレはソレは賑わったものだ・・・

さて、その夏の夜法要のスタートは、薬師堂に安座されるお薬師様の供養法要。
薬師堂のすぐ裏にある小高い山には山城があった。
そのお城を中心にした一帯にはお寺の跡も確認できていて、そのお薬師堂も昔は地域全体で大事にお祀りされていたのだろう、先代住職の頃までには夜法要に周辺から多くのお参りがあって賑わっていたと聞いた。
昭和から平成に元号が変わる頃から周辺願主の世代交代や高齢化が進み、地域の常会を経て供養法要が解体された。結果、お堂再建に積極的に関わった当時の有志のみなさんが残って、小規模なお薬師講として今に存続することになった。
私はそういう地域の事情が落ち着いてからあとになって、彫刻制作で毎日プラプラしていたところへ「せめて夜くらいは坊主の仕事が出来るだろう・・」と先代住職に押し切られて、副住職の業務ということで夜法要へ出かけることになった。まぁ、それまでも副住職という職名のもとで先代の侍者送迎担当を続けていたから、鐘つき坊主が導師に昇格した程度のことだったけど、塔婆回向も引き継いだりしてそれなりに荷が重くなって「気楽ではいられなくなった・・」という、経緯がある。

次はお薬師堂から2kmと離れていないところで、七面大菩薩を中心にお祀りされてある馬頭観音様や地蔵菩薩様など諸仏の供養法要がある。
琴引山を遠望できる緩やかな丘陵にお堂があって、昔からその地域各所へ点在していた野仏さまや個人願主の祈念で建立された仏様や掛け絵仏の観音さまなどが集められて安座されてある。先代住職の頃までは、その諸仏も地域全戸で法要の当夜を持ち回りされながらお祀りされてあったのだが、私が住職を引き継いですぐに、これも地域の常会で法要の継続不能と決着がついて、諸仏に縁深い有志の皆さまが七面さまを中心にした御講を組織されて今に至っている。
こちらの方は、一度法要が解体された機会をもって塔婆回向だけ自然消滅した。そのぶん法要の時間も短縮できて年々棚経の疲れもたまる一方だった私もずいぶん助かった。

法要後の御下がりをいただきながらささやかな酒宴が始まると、誰からともなく自分が小さかった頃からの仏様にまつわる思い出話が始まる。特に計画建てて気にしているわけでも無いと思うが、昔話に花を咲かせながらさりげなく次の世代へ申し送りをされているふうにも思える。とかく親の云うことは「面倒臭い!」が先になって上手く引き継ぎできないことが多い。隣のオヤジにナニカ云われて肝が据わる。
仏教の根本がどうこう難しいことはヌキにして、とにかく、かたちばかりのコトが長く続くうちにだんだんと仏様を身近に感じるようになれれば良いと思う。

IMG_0259.jpg
IMG_0261.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/3271-baebf714
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2019-12