FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

修禅定 

2020/01/02
Thu. 23:26

新年2日目の祝献朝課法要が終わったのは深夜の3時だった。
大衣を脱いでいつものヨレヨレトレーナーに着替えて、寺のシアタールームになっている6畳リビングの火鉢の炭をつついて豆炭を補充したり、現在の寺務所になっている3畳で年始会にお参りの皆さんへ配る万善寺オリジナルカレンダーへ手製ののし紙を巻いたり・・・色々な目先の用事や細々とした積み残しの事を片付けていたら、あっという間に1時間が過ぎた。
ワイフが寺で泊まるときには、いつもボクが使っているベッドを提供している。
今の時期、寝る少し前に電気敷毛布のスイッチをONしておくと、ベッドへ潜り込んだときに包まれるほのかな暖かさが気持ちよくて一瞬で睡魔がやってくる。底冷えする寺の冷え切った夜に、こういうなんとも例えようのない温々さ加減が寒い時期の醍醐味だ。
そういうオヤジの一人暮らしで数少ない至福のひと時をワイフへ提供しているわけで、どれだけ彼女を大事に思っているかがわかってもらえるはずなのだが・・・普通は・・・その彼女が、早朝に近い夜の私のドタバタで不機嫌そうに目を覚ました。
一区切りついたら仮眠くらいはとろうと思っていたところだったのに、自分の都合で彼女を起こしてしまった手前、入れ違いに寝ることもできにくくなって、そのまま用事の続きをしていたら長い夜が明けた。
庫裏玄関の鍵を開けたついでに境内へ出てみると、朝日が薄く広がった空の雲をほんのりとグレーに近いコーラルレッドに透かしている。
今年の万善寺年始会は近年になく雪一つ無い過ごしやすい1日になりそうだ。

本堂での檀信徒正月法要と新年会に向けて巨大な業務用灯油ヒーターを点火した。こうして、朝のうちから温めておくとお昼に新年会が始まる頃には適度にちょうどいい加減で本堂の冷え込みがやわらぐ。
それから現在ボクの寝室になっているドームテントへ潜り込んで1時間ばかり仮眠した。

住職の新年挨拶は、今年のカレンダーにした八大人覚のことにした。
万善寺のような極小規模の山寺でも、宗教法人を運営経営する組織の決められた寺務を一通りこなさねければいけない。昨年は会社でいうと定款規約のような寺務の運営規程に即して数年に一度巡ってくる書類の更新や報告業務で苦労した。ナンチャッテ住職でも一応建前上代表責任役員であるから、大規模寺院だと役僧がするような寺務も全て一人でこなしてアチコチ関係者に頭を下げて実印をもらって歩いた。
国の定めた法人業務を遵守して遺漏なくコトを進めるのも大変だ。

修禅定~しゅぜんじょう~
種々の情報が氾濫するこの世の中
気がつけば知らないでも良いことまで知ってしまう
ねじれてゆがんでなかなか住みにくい世間
せめてほんのひと時だけでも
浮世の塵や埃や垢にまみれた我身を洗って
静かに心穏やかに過ごしたいものです

IMG_0663.jpeg
IMG_0668.jpeg
4~6月印刷原稿2020

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/3309-fc09b152
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-05