FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

火鉢 

2020/01/05
Sun. 23:27

万善寺住職の単身赴任が昨年末から続いて10日目になる。
気楽なオヤジの一人暮らしで特に不便や不具合は感じないが、市街地のようにちょっと歩けばスーパーやコンビニがあるというような生活の便利さはないから、食料品の買い物はちょっとだけ計画的に頭を使っている。
お正月前後は夏のお盆の時期より周辺が寒いから生鮮食品の保存が効いてそれで少し助かる。もっとも、今年のような暖冬だと参道の雪の心配もなくていまのところいつもと変わりない日常生活ができて、知らないうちにそれに慣れていたりするのが怖い。
これから2月の節分や立春を迎える。
島根県の飯南高原はちょうどその頃に強い寒気が南下して一気に寒くなって大量の雪が降る。それを乗り越えれば、3月の桃の節句あたりに水分をたっぷり含んだ重たいぼたん雪が降って、その後次第に春めいてきてお彼岸前後のなごり雪が降って消えると、それから一気に春が来る。

1年に2回、半年ごとに香炉の掃除をして灰をふるいにかけて入れ替える。
冬は年末にそれをして大晦日の法要からきれいになった香炉へ線香を立てた。
香炉掃除の時、ついでに火鉢の灰をチェックしたらしばらく使っていない間に湿気を吸ってシットリと固まっていた。
この近年は、厳しい寒波が続いていたので火鉢を使うことがなかった。
強い寒波が来ると灯油やガスや電気ストーブにエアコンや電気コタツと万善寺にありったけの暖房器具をフル稼働させて隙間の多いガタピシ庫裏へ篭って暮らす。
今年のような暖かい冬は電気コタツ1つで昼間を乗り切り、朝夕に灯油ストーブを使うくらいで済むが、一日中コタツに潜ってジッとしているわけにもいかないから、部屋全体をほんのり温めるために火鉢を使う。
暖房効果はそれほど期待できないが、それでも火鉢に炭があると何かと都合が良い。
ヤカンをかけておくとコーヒーやお茶などで直ぐにお湯が使えるし、お餅を焼いたりおでんの鍋を温めたり夕食の寄せ鍋とか湯豆腐とか、そういうちょっとした鍋料理もできる。

「アンタ、火鉢使って一酸化炭素中毒にでもなったらおしまいよ・・大丈夫?」
火鉢など江戸っ子のワイフにとって縁の無いモノだっただろうからその心配もわかるけど、確かに、マレーシア産のバーベキュー炭は使っている木のせいか、それとも炭の焼き具合が悪いのか、庫裏の玄関先までなんとも言えない煙臭さが充満してしまうが、かえって部屋中にそのくらいの炭臭い煙が漂っている方が虫退治にもなって都合も良い。
万善寺は今時の2✕4住宅のように建て付けが良いわけでもないから普通に自然換気で乗り切れているし、昔ながらの日常生活が今に続いて残っているだけのことだから自分はそれほど気にもしていない。
典座寮配膳室には床下に囲炉裏がつくってあって、昔は仏事行事のたびにその囲炉裏を使って煮物などをつくっていた。
今は囲炉裏へ火を入れることは無くて豆炭や炭の収納庫にしている。
これから飯南高原で温暖化が進むと、そのうち冬の暖房を兼ねて床下の囲炉裏が再稼働するかもしれない。

IMG_0659.jpeg
IMG_0633.jpeg
IMG_0691 (1)

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/3312-a6f2d463
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-08