FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

冬が来た 

2020/02/19
Wed. 19:48

シーズン一番の寒気団が峠を超えた。
飯南高原は−8℃位まで下がるから夜間の水道凍結に十分注意するようにと週が変わってから何度も町の防災放送で注意報が流れた。
数年前にも同じような事があって、その時は水道の元栓から庫裏の西側へ集中している水道管の養生ばかりに集中してソレで安心して石見銀山の吉田家へ避難していたら、その間に風呂のカランが破裂して一晩中蛇口から温水がタレ流しされていた。水道水とプロパンガスの請求がいつもの3倍から4倍とすごいことになって、修理代もかさむし、生活費の圧迫で万善寺の備蓄がたった3ヶ月で一気に底をついた。
その年の夏は連日30℃を超える猛暑になって、万善寺台所にある唯一のエアコンをひと夏フル稼働してなんとか乗り切ったが今度は電気代がすごいことになった。
吉田家の生活費から万善寺へ経費を補填しながらなんとか半年を乗り切った矢先の猛暑は万善寺経営に深刻な影響を与えた。

もう、かれこれ10年以上前から500円貯金を続けている。
始めた時の主たる目的は彫刻の制作に関する諸々の必要経費と会費の捻出にあった。
とにかく、買い物は現金をメインにしてカード決済を極力避けるように気遣いながら1年を過ごしてお釣りの中から500円を抜き取って家中の至るところへ設置した仮の貯金箱へ溜め込んでいたものを集めるとそこそこの金額になっていて制作の経費補填がずいぶんと楽になった。500円貯金もなかなか侮れないところもあって、そういうことを10年も続けていると、最近ではチョット高額の買い物をする時の目標にもなったりして、貧乏なりの楽しみにもなって達成の喜びもひとしおだ。
Powerbeats Pro 貯金は3月からはじめて9月末に目標を達成した。彫刻の展覧会で上京の時、往復の高速バスで大活躍してくれて、今は銀くんを運転中のハンズフリー電話でiPhoneの強い味方になってくれている。

自分の周辺に起こる具体的で深刻な環境変化がこの10年間で地球の温暖化を確実に証明している。
10年前は吉田家のリビングにエアコンが一つあれば家族6人が苦もなくひと夏を乗り切っていたのに、今はワイフと気楽な二人暮らしでも20年前のエアコン性能が環境の変化に追いつかなくなってしまって用をなさなくなってしまった。
これから先、昔のように温暖で過ごしやすい環境を期待することは諦めるしか無いことだと極寒猛暑を乗り切った時に痛感した。自然を相手にジタバタあがいても無駄なエネルギー浪費と、今の現状を大所高所に受け入れるしか無い。
それで、自分に何ができるか考えるに・・・
ひとつは、おおよその将来を意識した上で生活に密着した環境の改善を具体的に進めること。とにかく、暮らしの無駄を省いて極力シンプルに生活環境を整理すること。
そしてもうひとつは、彫刻の制作を通して環境の経年変化を記録し続けること。これはすでに2014年の石見銀山個展から具体的に現場へ落とし込んでいて、幾つかのデータも集まっている。彫刻制作による一連の表現活動は今の自分にとってとても大事なライフワークになっている。

IMG_0799.jpeg
IMG_0802.jpeg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/3329-672c698e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-07