FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

春先の日本海 

2020/03/15
Sun. 23:27

なにか思いついてそれなりにいつもより気合を入れてコトを始めようとするとだいたい雨になる。
今度も、彫刻を造りながらテーブルまで造ってソレを一緒になっちゃんの自宅まで陸送しようという、ボクにとってはかなり気合の入ったプロジェクトを決行しようとしているから、いずれそのうち仕事の佳境に入る頃から「雨になるのだろうなぁ〜」と漠然と考えていたら、案の定、雨になった。
それでも、思ったより寒くなくて工場の仕事は楽にはかどったのだが、塗装の段取りが狂って困った。
室内だと、いつもなら換気扇の真下に即席の塗装場を用意するのだが、今は丁度そこへ耐火レンガを積んでコークスの焼鈍し場が出来ている。わざわざそれを解体するのも面倒だし、かといって雨の中外に持ち出して塗装もできないし、彫刻の細かい部分を造りながら考えたあげく、一日の仕事の最後に狭い工場の制作台で塗装をしてそのまま翌日まで換気扇代わりの扇風機を回し続けることに決めた。
ラッカーのスプレー缶2つ半を使って塗装し、天板にはウレタン塗料を缶から直接流して木綿の手ぬぐい一枚を無駄にして塗り拡げた。

次の朝、銀くんを代車と交換することになっているから飯南高原へ急いだ。
「荷物積んで長距離走るんで後ろの空気圧高めでお願い!」
「良いよ、何処まで行くの?」
「東京ー」
「トォ〜キョォ〜〜お!?・・分かった!積載用にしておくわぁ〜」
「オイルも替えておいてくれる?」
「OK!・・まだ2年目だから車検点検そんな時間かからないはずだから・・出来たら、また連絡するわぁ〜」
「よろしく!」
「長距離なら良い腰のサポーターがあるから、それ貸してあげるわぁ〜、使ってみて」
「悪いねぇ〜、そりやぁ〜助かるわぁ〜〜」
そのクッションは、日野のトラックに乗るときに使っているモノで、ビニール製のベンチシートだと長距離は疲れるからメーカー推薦のモノを買っておいたのだそうだ。
「それで、ソレ、仁多で作ってるんだってぇ〜、世間は狭いよな!」
仁多は島根の東部にある町で、数年前まで小品彫刻展を開催していた横田町の隣町になる。仁多のお米は「仁多米」というブランド米にもなって全国へ出荷されている。思わぬところで思わぬ話になって、島根の地図が小さくなって仁多を近くに感じた。

仁多の隣の横田町は奥出雲そばで有名で、私も横田へ行くと蕎麦屋をハシゴして回る。急に蕎麦が食べたくなって、お昼は寺の近所の蕎麦やへ駆け込んで釜揚げとざるを食べた。
前日の雨は夜のうちに上がって昼過ぎにはそれなりに晴れた。大気中の埃や塵を洗いとって気持ちがいいから、工場を過ぎて日本海へ出た。北風が少々強くて沖の岩礁に白波が立っていた。
たぶん、今年はじめての日本海だったと思う。

IMG_0871.jpeg


[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/3347-165e3988
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-08