FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

妙見堂再建修復遷座法要 

2010/12/15
Wed. 08:12

12月になって小春日和のある日、発願から約3年、再建着工から約半年を経て完成したお堂への遷座もおわり、お披露目の祈祷法要が行われました。
参列者は、関係者も含め石見銀山の住民の皆様や、本寺関係者の皆さんなど総勢100人となり、にぎやかな祭事となりました。
駒の足に鎮座の妙見さんのお話しは諸説諸々あっていまだに定かではありませんが、そもそもはとても古い頃からいらっしゃる仏様で、現代は主に日蓮宗さんが守護していらっしゃる仏さんですが、お堂となりの通説地蔵堂には、地蔵さんやら、お大師さんのお姿にも思われる石仏まで安置されていて、戦国から江戸の頃の石見銀山隆盛と衰退がかいま見れるような混沌とした民間信仰が目の当たりに再現されているようで興味深くもあります。
この度は、既に廃寺申請されている大音寺の本寺といわれる浄土宗極楽寺さんを兼務していらっしゃる仁万の方のお寺からお導師を招いての仏事になりました。
なにわともあれ、好天に恵まれ、参列もにぎわい、再建法要としては大成功と思われます。
関係の皆様、大変ご苦労様でした。

着工前の様子はこちらから・・・http://tetujin29.blog31.fc2.com/blog-entry-141.html

IMG_0466.jpg
古い部材に継足されて再建された工夫の跡には、大工さんの気骨がヒシヒシと感じられます

IMG_1064.jpg100年以上経過して久々に元のお堂に遷座された妙見さん・・・居心地はどうですか?

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/338-e6287e0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-08